ブログアーカイブ

『Skyrim』を遊ぶ前に『The Elder Scrolls』シリーズの歴史を学ぶのもよろしかろう

PCも、PS3も、XBoxも、8日発売でいやっほう!な『The Elder Scrolls V: Skyrim』。俺は今んとこ買えないけど。
遊ぶ前に、ちょっとコチラを見て頭の中を 『The Elder Scrolls』の世界へ飛ばしてしまおう。

20年に及ぶ『The Elder Scrolls』シリーズの歴史

結構、オモロイ記事。
『TES』シリーズやるなら目を通しといてもよろしいかと。

広告

ⅤよりⅠとⅡという手もある

あぁ、『SKYRIM』やりたいなぁ。でもこりゃどうしようもなく当面無理。
こりゃ『Oblivion』でも再開するしかないか(なんせ頭が最近TESモード) と思ったのだが、ここでフト思い出した。
『The Elder Scrolls:Arena』と『The Elder ScrollsⅡ:Daggerfall』は、フリーで公開してるんだった。
いいですな、海外のメーカーってこういうところ太っ腹ですな。
日本だったら『Ⅰ・Ⅱ』とか言ってまたパッケージ販売するところだ。
ともあれ、最近は温故知新モードですな。

『TESⅤ:SKYRIM』遊びたいに決まってんでしょうが〜

えぇ、俺の小遣いとか言ってらんない我が家の財政にあっては、どうあっても、何は無くとも『The Elder Scrolls Ⅴ:SKYRIM』は遊びたいのだが、購入メド立たず。
どのくらい我慢すれば買えるのかというと、いつまでも我慢しても無理そうな。
『Might & Magic Heros Ⅵ』とかは我慢できるにしても(したくはないが)、『SKYRIM』だけはな〜。
しかし、いつかきっと手に入れてやるぞ〜。
多分、『TES Ⅶ』あたりがリリースされる頃には『SKYRIM』で遊んでいる俺がいることでしょう。その頃にはそりゃあもう色々なMODもリリースされていることでしょう。
そうだといいな。

【The Elder Scrolls V: Skyrim】の公式サイトができたとか!

いやぁ、盛り上がってきましたな。

ゼニマックス・アジア,世界が注目するRPG「The Elder Scrolls V: Skyrim」日本語公式サイトオープン。新たに本作の概要を紹介(4Gamer)

『TES Ⅳ:Oblivion』はいっぱい楽しませてもらったんで、コレも期待してるんだよね~。
まだ大した情報はないけども、ある意味見てるだけでシアワセなのだよ。
『Oblivion』ではデカいクリーチャーはいなかったけども、今回はドラゴンがいるから迫力あるモンハン狩りが楽しめそうだ。
しかしながら、俺のPCのスペックで大丈夫かなぁ、という不安も。

『The Elder Scrolls V: Skyrim』公式サイト 

ともあれ興味がある向きは、リンクからどうぞ。
そのグラフィックエンジンに這いつくばるが良い。