ブログアーカイブ

Paradoxの『Sengoku』の日本語版がやってくる

あぁ、これも遊びたいのに遊べてないなぁ。

Paradoxの歴史ストラテジー「Sengoku」が,その名も「戦国【完全日本語版】」として国内で2012年1月27日に発売

『ヨーロッパ・ユニバーサリス』を遊びながら「あぁ、このシステムで日本の戦国のゲームってできないかなぁ」とか思ってたのはいつの日だったか。
その夢が叶っておるというのに、遊べてないなんて!
俺にもサンタがやってこないもんかなぁ。
それはさておき、待望の『Sengoku』 日本語化ですな。
舞台が日本の戦国だからとっつき易いと思われるので、今までParadoxゲーを「難しそうだから」とか「英語だから」とか言って敬遠してた人は、是非コレでパラドゲーの妙を体感していただきたいと思う。

広告

【信長の野望・全国版】今度は日本全土統一で大変よ

信長の野望・全国版タイトル

信長サンの凛々しい顔も見れる全国マップ

『信長の野望』第2弾。近畿~東海甲信越までしかフォローしてなかった前作から一気にパワーアップして日本全国統一できるようになった。
ファンは大喜び。俺も大いに喜んだ。
見た目がグラフィカルになり、大名の顔グラフィックも付いた。それと、コマンド入力時にアニメーションが出る(すぐ飽きるけど)。
そんなこんなで大幅パワーアップの続編ですな。
すべてにおいてバージョンアップされていて複雑でもなく、のちのシリーズほど時間もかからないので、ホントにお手軽に全国統一が可能であり、大名を変えレベルを変え、みなが遊んでいたものである。

戦争はこんなカンジでカラフルに。必勝法は、ある。

でも、レベル5は手を出すな。だって鬼だもん。聞くところによると、「これくらいだったらヘビーユーザーもクリアできないだろう」って開発陣が決めたレベルらしい。
要するに、統一させないための難易度らしい。
とにかく、コンピュータ大名はイカサマの嵐。
こっちは国のパラメータを苦労して上げた(上がり幅レベル1の1/5くらいじゃないか?)と思ったら災害で元の木阿弥になってるところで、コンピュータ大名のほうは「なんで???ドコにそんな時間とカネが!?」って思うくらい国のパラメータが上がってる。
なんとかその国をひとつ奪うことができて、勢いにのればなんとかクリアも可能か。無理か。
それでもとにかく、何度も遊べる名作であることは間違いない。なんだかんだで、『信長の野望』シリーズの中で一番面白いかも。
光栄はこれで完全に方向性が定まった感があるな。
しかしそれゆえ、次回作を作る光栄の苦労は続き、そして、 シリーズは続くのである。