ブログアーカイブ

【水滸伝・天命の誓い】武松でクリアしちゃった

水滸伝、武松
魯智深で始めたいな、とか言いつつ、武松で始めたプレイ。先ほど高俅をボッコボコにしてやりました。つまりクリア。
今回は東で王倫がスゲー領土拡大したからやりにくかった。 いつもと違うノリ。 だからこそ楽しめたけど。
今回のクリアで、しばらく『天命』はいいや。
あぁ、オモシロかった!

密かに遊んでいますよ

最近忙しすぎてなかなか更新できなくてスミマセヌ。しかしながら、時間は少ないものの、しっかりとゲームはしてたりする。
今はチョコチョコと『水滸伝・天命の誓い』をプレイ中。あまり選んだことのない史進で順調にやっとります。

水滸伝・天命の誓い

お気に入りの雷横も義兄弟に。やっほう。

シナリオ1って大体こんな展開だよね。楊志がこんな風に東で広がって、林冲は39、武将が13、魯智深が15とかで旗揚げして25少華山の朱武が討伐されるのを引き金に西もグチャグチャになるという。
いつもはそれを見越して南で始めるんだけど、今回は北で遊ぼうと思ってこんなカンジなのだ。あとは20を獲れば梁山泊イベントで一気にカタがつきそうな段階。 ワクワクするな。
久しぶりにガッツリやってるけど、やっぱイイわ名作だわ。
もうすぐクリアなこの段階で、魯智深で 遊びたいなぁ初めッからやり直そうかなぁとか思っている。

【水滸伝・天命の誓い】好漢となって悪を倒すピカレスク・ロマン

水滸伝・天命の誓いタイトル

水滸伝・天命の誓い

恨みを晴らすのが目的なので、統一する必要はない

『信長の野望・戦国群雄伝』が発売された時、俺はそれを買うのを控えていた。なんとなら、『水滸伝・天命の誓い』の発売がその次に控えていたからだ。
俺は『水滸伝』という物語が、鼻から脳味噌が垂れ流れてしまうほど好きだったから、悩んだ挙句、いわば鉄板の『戦国群雄伝』を避け、『天命の誓い』に期待し、それに賭けたのだ。しかし、期待しつつも、莫大な不安も抱えていた。『三国志』と違って、豪傑個人の活躍がメインのこの世界観を、どう再現できるというのか。その不安のおかげで「もう『戦国群雄伝』買っちゃえよ」とか俺の悪魔が囁きまくったが、ソレは出来ない、カネが無い、来年高校生になるガキだぜ俺ぁ、みたいな悶々とした3ヶ月を過ごしたのち、やっとこさこのゲームを手にしたのであった。
我慢した分、プレイ時に大興奮状態に陥った。すなわち、徹夜した。まぁ、それはいいや。とにかくプレイして、不安だったことは(だいたい)杞憂だったことを知り、胸を撫で下ろしたのである。
いや、ホント、今でも『水滸伝』好きじゃなくても、十分遊べるよ、コレ。
目的は天下統一ではないのである。国盗りはあくまで手段、目的は悪の権化の高キュウ(こうきゅう、キュウはニンベンに求)をぶっ飛ばすのが目的。そのためにプレイヤーは自分の“人気”というパラメータを上げ、最終的に皇帝から勅使を向かえたのち、晴れてボスのいる東京(とうけい、と読む)に攻め込むことが出来るようになるのであった。山賊風情が全土を領地にする必要がないのだ。

水滸伝天命の誓い

超楽しい戦争。コレは夏

そしてこのゲームの肝は、やっぱ戦争。妖術が使えたり、四季によってグラフィックとBGMが変わったり。そして川は、流れているのだ。“操舵”のスキルを持ってないヤツは、舟を持っていても、上陸に失敗して、ドンドン流されたりする。マップの外まで。オイオイ、どこいくねん!みたいな。
その他、随所にこれでもか、と『水滸伝』の世界観が再現されている。高キュウのユスリタカリとか、義兄弟とか。そしてそして、1127年になると、北から金が攻めてきて、中国大陸はみるみるヤツらに占領され、強制ゲームオーバーになるのだ。全てが水の泡に!このタイムリミットのお陰で、常に緊張してプレイしなければならないのだ。
そして、登場人物たちがよく喋る。疲れてるときに仕事をさせようとすると「イヤだ!」と言ってくるのだ。「人使いの荒い親分だこと」なんて使えない人物に言われたときにゃあ、ホントに腹が立つ。「テ、テメェ!誰に向かって口聞いてやがんだ!1年365日1日24時間働かせてやる!」などと言ってやりたい気分になる。ちなみに、光栄(現コーエー)のゲームでフキダシを表示して喋らせるのは、この『天命の誓い』が初(のはず)である。
そんなこんなで、『信長の野望・戦国群雄伝』への未練をスッパリ断ち切ってくれたこのゲーム、俺の中ではかなり評価高い。俺だけじゃなく一般的にも、光栄(現コーエー)のゲームでは最高、との呼び声も高いのだ。なぜ続編を作らんのだ、コーエーよ。


【源平合戦】ワイルドな源氏でいく?それとも優雅な平家で?

源平合戦タイトル
今年2012年の大河ドラマが『平清盛』ということで、このゲームも再び脚光を浴びるだろう(んなワケあるか)。
光栄のゲームとしては、『ランペルール』と並んで“隠れた名作”との呼び声が高いけど、要するにコンシューマー機に移植されなかったので有名ではないのだ。
頼朝や清盛だけでなく、源義仲や藤原秀衡もプレイできるのが良い。よく考えたら俺は平清盛でプレイしたことがない。やっぱり源氏で日本を蹂躙するのが楽しいのだなぁ。

平清盛の最期

このゲームにおける、俺の清盛のイメージはこれのみ

国盗りゲームなので、基本は『信長の野望』や『三國志』と同じようなカンジではあるが、戦術面が前面に出されていて、どちらかというと『項劉記』のシステムに近い。行軍している軍団も可視化されていて、軍団同士がぶつかると戦闘になる。

朝廷外交 源平合戦

高飛車な貴族どもにヘコヘコ。それがこの時代の武士なのだ。

あと、武将が保持できる兵数は官位によって決まるため、多数の兵を動員するために、常に朝廷に媚びへつらわなければならないので、『信長』ではほぼ無視している朝廷の存在が思いのほか大きい。ヤツらの機嫌を損ねて官位が無くなりゃさぁ大変、いくら義経でも戦に勝つのは難しい。
ムカツく貴族にせっせと金を持って行き兵力をキープせよ。
そして、後白河法皇もウザい。
史実よろしくちゃんと陰謀を仕掛けてきやがる。
ウチの配下を篭絡するなー!
敵勢力に武将を送るなー!
こういったことを食らわないように、常に朝廷との関係は良くしておかなければならないのであった。メンドクセ。でもだからオモロイ。
あと独特の要素として、「優雅」「無常」というパラメータがある。
優雅なヤツを殺したりすると無常が上がり、上がりすぎると出家していなくなっちゃうので注意。

源平合戦 戦闘

バストアップの人物イラストはこのゲームが初だったと思う

今回、清盛の名を良く聞くので久々に遊んでみたのだが(秀衡で)、全然オモロい。操作性は当時のものなんで悪いけど、システム自体は非常に良く出来てると思う。
勢力ごとに独自のコマンドがあるので、どの勢力でも新鮮にプレイできるのもポイント高い。でも平家では遊んだことない。つまり「歌会」したことない。
まだまだしゃぶりつくしてなかったなぁ。


88ユーザーを羨ましがらせた98ゲームたち

88が既に衰退し始めたころの98ゲームじゃなく(そうだったらもう買い替えだし)、88全盛期の頃にあえてそのスペック欲しさとその他理由で98でリリースされたゲームのことですよ。

・現代大戦略
・ファンタジーナイト
・維新の嵐
・ティル・ナ・ノーグ

ざっとこんなもんか。システムソフトばっかり。当時はとんがってるメーカーだったのになぁ。
『現代大戦略』は『大戦略88』として移植された。FM-7版は『大戦略FM』だった。『大戦略X1』というのがあったかどうかは思い出せない。まー、コンピュータ側の思考が長いこと長いこと。
『ファンタジーナイト』は『現代大戦略』のユニットをファンタジーに置き換えたゲームだったが、のちにもっと洗練された『マウター・オブ・モンスターズ』に生まれ変わって88にやってきた。これはやり込んだなぁ。『大戦略』と違い、ユニットの成長(レベルアップ)の必然性が感じられ、一生懸命育ててた。
『維新の嵐』はマイナーチェンジして移植された。当時、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読んで幕末にかぶれていた俺は、親父に98をせがむ毎日を送っていたのだが、この移植で親父は事なきを得た。説得システムがガラリと変わっており、もはや別のゲームのようだが、以後、他機種への移植はこの88版がベースになった。ただし、やっぱり98版のほうが面白い。
『ティル・ナ・ノーグ』はほぼ完全に移植されたと思うが、シナリオジェネレートが長すぎ。88が壊れたのかと思った。
その他、なんか色々あったような気がするが、まぁ、今の無い情報だが、思い出せばおいおい。
他にもこんなのあるゼ!とかアレを忘れてるゼ!とかいうのがあれば情報求ム。

【三國志Ⅱ】数々の新要素を引っさげて帰ってきた名作

三國志Ⅱ タイトル

三國志Ⅱ戦略

馬がパカパカと行き交う戦略画面。画面は98版です。あしからず。

『三國志Ⅱ』が発表されたとき、きっとみんな飛び上がって喜んだと思うのだが、俺ももちろんご多分に漏れず小躍りしてしまう勢いで喜んだ。
たしか一番最初は「ポプコム」で見たような記憶がある。
前作までは居なかった君主、武将の顔グラフィックにときめきながら発売日を待っていた。
当日は部活サボって電車、バスを乗り継いで買いに行った。あぁ、懐かしい。
さて、思い出話はここまで。
この『三國志Ⅱ』、ことごとく前作を上回って帰ってきたのである。
まずは何といっても「新君主」。
新しい英雄を作り出し、 三國志の世界に送り込む。自分の分身をゲームの世界に放り込んでなりきりプレイが大好物の俺には、魅惑のシステムであった。
俺は何人も新君主を中原に出現させ、何度も中国大陸を統一したのだった。
次に、お馬パカパカ な外交。
外交の使者がマップ上をパカパカ動き回る。自国の領土で書簡を奪っちゃうことも可能。なので、雰囲気は出るのだが、特に序盤は外交が活発なんで、テンポが悪くなる。オフでプレイすることもしばしばあった。

三國志Ⅱ 戦争

外交の結果と、戦力の差とが如実に出る戦争。シリーズ屈指の出来栄えだ

そして、このゲームのキモ、戦争。
まず、一騎打ちが登場。戦争のしょっぱなに各陣営から1名ずつ出てきて、武力数値の削り合い。ただそれだけなんだが、負けるとその部隊が消えてしまうから、固唾を呑んで見守るハメになる。そしてこの一騎打ちの要素は、のちのこのシリーズの重要なファクターとなってゆく。
戦争は、攻撃側が5部隊、守備側が10部隊まで洗浄に出せる。攻撃側が不利なのだ。そしてコレを外交でひっくり返すのである。ここ!というときに援軍がやってきたときの嬉しさったらない。
とにかく、戦争は良く出来てるんじゃなかろうか。そのスリリングさではシリーズで1番、もしかしたら光栄ゲーの中でも1番かも知れん。
このころは、良かったなぁ。



PCで明治維新なのである

どうも最近、頭の中が幕末チックになっており、こういう時は、こういう時も、こういう時こそゲーム!ゲームしかない!
というわけで、なんと『維新の嵐・幕末志士伝』を久々にインストールしてみた。
このゲームはやっぱりオリジナルキャラで時代に飛び込んでいくのが面白い。竜馬?ヘンッ、土方?フンッ、てなモンだ。
なんか以前遊んでた時より面白いような気がする、珍しい現象が起こったけども、結局飽きちゃった。
イベントで時流が流れていっちゃうのがどうもイカン。
それならば、と隠れた名作『維新開国』で遊ぶ。幕末の人物誰でもプレイできるのが嬉しいですな。
今まで遊んだことのない姉小路公知でプレイ。公家だってやればできるんじゃ~!
とか言って、まったく説得が成功しないんですけど!
どうやってやってたんだろう。全然まったくすっかり意味がわかりません。
大所帯のグループを作って遊んでたんだけどな。全然ダメ。
いつまでも一人ぼっちだし、何よりこれじゃあ存在意義がないじゃないか!
くそう、負けないぞ。絶対攻略してやる。
しかし、いつまでも失敗ばかりじゃつまらないので、『維新の嵐』(16bit版)も並行して遊ぶことにする。
あぁ、落ち着く。これだよこれ。
というわけで、夜な夜なリターンキーを連打しているのであった。

『三國志12』の続報がきてるゥ!

やっぱり画面見ると期待が高まってしまう。

タブレットPCで動いてるゥ! 「三國志12」が動いているところをコッソリ見せてもらっちゃいました(4Gamer)

タブレットで操作可能ってのも「ケッ」とか思ってたわけだけども、なるほど操作性良さそうですな時代はダブレットかも知れませんな、とか考えだしちゃってコーエーの思うツボか。
どうも見た感じライトなシミュレーションといった感じなワケだけれども、見ただけで面白そうなんて思うのは元光栄信者の性か。
まぁ、問題はヘヴィかライトかではなく、面白いか否かだからな。
裏切られないことを切に望む。

なんと『三國志12』が発表された

『信長の野望・天道』がPCのスタンドアロンなゲームに対するコーエーの最後っ屁かと思ってたら、もう1発残ってたようだ。

[TGS 2011]約5年振りのシリーズ最新作「三國志12」,2012年にPCで発売決定(4Gamer)

スゴイ楽しみで、期待したいんだけど、不安がデカい。
『天道』のときのように、前作のマイナーチェンジしてパワーアップセット買ってね、みたいな状況だったらガッカリもんだし。

本作ではタッチ操作にも対応し、過去タイトルではプレイが難しかったノートPCやタブレットPCなど低スペックハードでもプレイできるような、幅広い層の方に楽しんでいただける作品を目指しております。

引っかかるな、どうも。だから期待どおりじゃなくてもしょうがないよ、という言い訳を今からしてるわけじゃあるまいな。
俺を長年楽しませてくれたシリーズだし、絶対プレイすると思うけど…。
期待しないで待つこととする。昔は、光栄と言えば期待しまくりだったのになぁ。
さびしいですな、どうも。

『三國志12』公式サイト

光栄(現コーエー)の、事典があった。

光栄ゲーム用語事典

ヒロイモンの画像です。感謝!

確か、実家にまだあるはずだと思ってた『光栄ゲーム用語事典』。実家帰ったらなかったようシクシク。
それまでに発売されていた光栄(現コーエー)のゲーム(『信長の野望』は戦国群雄伝まで、『三國志』、『蒼き狼と白き牝鹿』はジンギスカンまで、『水滸伝・天命の誓い』、『麻雀大会』、『維新の嵐』以上かな収録ゲームは確か)内の登場人物、イベント、地名などのほか、メッセージまで項目となってて、写真も満載。
基本的にそれぞれの説明も笑わせようと意図されていて、実際爆笑モンの定価5000円。高ッ。だが俺は発売日にみつけるまで本屋をめぐって買った。
『麻雀大会』に出てた“ナポレオン”の項目では、のちの『ランペルール』発売をにおわす説明があったりした。
メッセージまで項目立ててるモンだから、記念すべきひとつめ、【あ】の1発目の項目が確か【あぁ、イナゴだ…】(『三國志』より)だという。
あぁ、読みてぇ。
実はブックオフとかフラフラ入ったりしたときに探したりしてんだけど、ないねぇ~。大体が、どれくらい売れたんだろうか?そんなに市場にないのかも。ヤフオクとかしかないか。
いつか絶対手に入れたいなぁ!
ちなみに、これよりのち、光栄はゲームごとに用語事典を出版して、ユーザー(っていうか俺)からズリーぞコノヤロウとか思われていたのであった。

光栄ゲーム用語事典