ブログアーカイブ

俺の趣味と俺。

俺の趣味。日本史とPCゲームと読書なんかが俺の趣味だ。その他、野球観戦とか、今は経済的理由でやれない競馬とかある。
“PC”ゲームって言ってるのは、そこがミソで、もちろんその他の家庭用ゲーム機のゲームもやるにはやるのだが、こだわりとして、特にPCゲームと明記する。日本におけるPCゲームの黎明期から今まで、見つめ続け、遊び続けた者として、これは譲れない。とにかく、これが最大の趣味と言える。
問題はその他の趣味だ。なんだか全て、ゲームがキッカケになってる。
日本史なんて、全然興味なかった。中学の中間テストで“織田信長”を“小田信長”と書いて△をもらうほど興味なかった。ところがちょうどその頃、『信長の野望・全国版』を何気なく友人にかりてプレイしてから歴史にハマった。なんせソレまでは、信長と家康と秀吉が同時代に生きてたなんて知らなかったし。しかし定番だな、戦国からってのが。で、司馬遼太郎を中心に小説を読み漁ったのだ。そして読書が大好きになっていった。そして、活字中毒とか言われるようになるまで、いろいろ読むようになった。
野球観戦については、まぁシロウトだった。ホームランが乱れ飛ぶ乱打戦が大好きだったが、特に好んで見てたワケじゃなかった。しかもガキの見方だし。ところが、シブい巧打者に目がいくようになった。1対0の試合がシビレるほど面白いのがわかった。そのキッカケが『ベストプレープロ野球』なのだ。
そして競馬はいわずもがな『ダービースタリオン』(PC9801版)。後に『クラシックロード4』、『ウィニングポスト』シリーズと遊び倒す。そして、競馬の血のロマンに感動した。
もしかしたら、俺ってゲームやってなかったら、恐ろしいほどの無趣味人間になっていたかも知れぬ。
PCゲーム万歳!

広告

【信長の野望・全国版】今度は日本全土統一で大変よ

信長の野望・全国版タイトル

信長サンの凛々しい顔も見れる全国マップ

『信長の野望』第2弾。近畿~東海甲信越までしかフォローしてなかった前作から一気にパワーアップして日本全国統一できるようになった。
ファンは大喜び。俺も大いに喜んだ。
見た目がグラフィカルになり、大名の顔グラフィックも付いた。それと、コマンド入力時にアニメーションが出る(すぐ飽きるけど)。
そんなこんなで大幅パワーアップの続編ですな。
すべてにおいてバージョンアップされていて複雑でもなく、のちのシリーズほど時間もかからないので、ホントにお手軽に全国統一が可能であり、大名を変えレベルを変え、みなが遊んでいたものである。

戦争はこんなカンジでカラフルに。必勝法は、ある。

でも、レベル5は手を出すな。だって鬼だもん。聞くところによると、「これくらいだったらヘビーユーザーもクリアできないだろう」って開発陣が決めたレベルらしい。
要するに、統一させないための難易度らしい。
とにかく、コンピュータ大名はイカサマの嵐。
こっちは国のパラメータを苦労して上げた(上がり幅レベル1の1/5くらいじゃないか?)と思ったら災害で元の木阿弥になってるところで、コンピュータ大名のほうは「なんで???ドコにそんな時間とカネが!?」って思うくらい国のパラメータが上がってる。
なんとかその国をひとつ奪うことができて、勢いにのればなんとかクリアも可能か。無理か。
それでもとにかく、何度も遊べる名作であることは間違いない。なんだかんだで、『信長の野望』シリーズの中で一番面白いかも。
光栄はこれで完全に方向性が定まった感があるな。
しかしそれゆえ、次回作を作る光栄の苦労は続き、そして、 シリーズは続くのである。

【信長の野望】人気シリーズの第1作。大名選べませんよ!

信長の野望タイトルあの、『信長の野望』シリーズの初代。「シミュレーションの光栄」というイメージを固めたゲーム。その後の光栄の方向はコレで決まった。
コレは、友人のPC-6601SRで初めてプレイした。当時、やっとゲームはアクションだけじゃないってやっと気づいてロールプレイングとかやり始めたころだった。
まず「なんだコレ?」とか思った。わかりにくかった。
後にシミュレーション野郎になる俺も、このころはシミュレーションのシの字も理解できなかった。
で、「三國志」でシミュレーションにハマり、その勢いで「信長の野望・全国版」をプレイし、ふと「信長の野望」を思い出してプレイしてみたら、コレがやっぱり面白い。

信長の野望プレイ画面

攻略すべきマップ。17ヶ国のみ。

HEXの地形効果があったり信長が出陣すると強くなったり、戦争も結構いろいろな要素があるし、内政でもいろいろコツがあって、飽きがこない。
その辺が掴めてくると俄然オモシロくなってきて徹夜もしちゃったりしたな。
だけどしかし、最近のこのシリーズのように、大名を選んだりはできない。信長だけ。2人プレイだとあとひとりは武田信玄。
なんじゃそりゃ。今からだとちょっと考えられないよねぇ。
まぁ、最近の信長シリーズにちょっと食指が動かなくなったときにプレイするとリフレッシュできてイイですな。

信長の野望戦闘画面

戦争はこんなん。黒いなぁ。