ブログアーカイブ

コチラは負けじと『DungeonHack』

CRPGまにあ』にてSさんが『Lands of Lore』をプレイしてらっしゃる
じゃあコッチは同じ93年生まれの『Dungeon Hack』でいこう!というわけで久々に遊んでみた。

dungeon hack
この『Dungeon Hack』は『D&D』の世界観をもった擬似3Dダンジョンがなんとランダムに生成されるという、なんとも贅沢なゲームである。
『D&D』の世界でローグライクなんて、幸せすぎる組み合わせだ。
しかしこのゲームはリアルタイムで進行するので、結構忙しい。この頃のダンジョンRPGは『ダンジョンマスター』を筆頭にこんなんばっかりでしたな。
とにかく、攻撃を当てては下がり当てては下がりのヒットアンドアウェイ。これをやらないと地下1階の探索も覚束無い。
現に、ワタシャやられちゃった。「HPってどうやって回復するんだっけなぁ。わかんないなぁ」とか考えてたら後ろから殴られてポックリ。
現在2人目をダンジョンに送り込んでいるが(画像で7pointのダメージを受けてる人)、コイツもHP減ってまいった状態になってしまった。
とにかく、なんにも覚えてないので、記憶を呼び覚ましつつのプレイをしているところ。
今のところ、全体的に大雑把な造りだなぁ、 と思いつつも面白くはある。

【ハクスラ】第1層突破した〜ゼ〜

ハクスラ 第2層
『ハクスラ』もやってるよ〜。というわけで、第1層をクリア。
第2層になだれこんで苦戦中。苦戦中とはいえ、全滅することは、もう無い。
このゲーム、はじめは超苦戦して1回ごとに町に戻ったりしてたが、今はその心配はいらんのだ。
全滅はしないとしても、第2層の敵は手ごわい。
そして、なんか第1層のモンスターとグラフィックのタッチが違うような気がする。
変わってる?

【Zangband】なんか噂の刑事にやられた

引っ越しでネットにつながらない間、『DCSS』をプレイしてネタをストックしとくという手もあったんだけども、ネタが溜まり過ぎるのも困るなぁと思い(なんせスグ死んでいくガオウ一族だから)、でもローグライクは遊びたいなぁとか考えたので、久々に結構な時間を『Zangband』に費やしたりしてた。
それで思ったのは、やっぱり『Zangband』って面白いなぁということだ。もしかしたらローグライクの中で一番相性がいいかも知れん。
あ、『DCSS』の連載は続けますよ、ご安心を。どれくらいの人が読んでくれてるのか知らないけども。
それはさておき、『Zangband』でももちろん死にまくってるんだけど、こないだゲーム開始後に速攻で入ったダンジョンで速攻で拾った巻物を速攻で読んだら速攻で見たことない敵がウジャウジャ出てきて「あ、サモン・モンスターだ。だめだこりゃ」とか言って速攻死んだわけだが見たことないモンスターだらけで何にやられたのかわかんなかったのだ。
で、ゲーム終了後のダイアログで衝撃の事実が。

zangbandで死亡

噂の刑事トミーとマツ!あいつらにやられたのか!なんで(?)!?
『Zangband』のユニークモンスターはピカチュウやらオバQやら、すごいバリエーションがあるんだけど、まさかトミーとマツまで。
いや、初めて見たもんで。
知ってました?

【DCSS:山岳ドワーフ戦士ガオウ一族の挑戦】ガオウ31世の場合

ガラス越しに動物を見る動物園を見学し、

Crazy Yiufに17世の仇討ちをし、

トログ様に参拝したのに、

初代ガオウの亡霊にやられた。

【2032 Diver City】あのチュンソフトがダンジョンでMMOでブラウザなRPGを!?

なんか、『不思議のダンジョン』シリーズが大好物な俺には非常にひっかかりまくるタイトルですが。

ダンジョンMMORPG『2032 Diver City』発表!中村光一氏のトークをお届け

前にも言った通り、MMORPGは好きくない俺だが、これはちょっと遊びたいかも。ダンジョンを掘って掘って掘りまくってダンジョンがプレイヤーによって生成されていくのは面白い。

「『不思議のダンジョン』シリーズのファンに判りやすく言うと、壁を掘るアイテム“ツルハシ”をメインにしたMMORPG。つまり、“ツルハシオンライン”ということです(笑)」

“ツルハシオンライン”て。そういうことか。
しかしこの場合、プレイヤーがいっぱいいたらスグに壁が無くなっちまうんじゃないの?その辺どうなんだろう?
気になるなぁ。
基本無料アイテム課金とかで萎えるのは目に見えてるような気がするけど、ちょっと遊んでみるかな。

【DCSS:山岳ドワーフ戦士ガオウ一族の挑戦】ガオウ30世の場合

アンタ誰だ?
「ワシャEustachioじゃ~フォフォフォフォフォフォフォフォ~色々召還しちゃうよ~!」
うわナニコレ?あぶねぇ!数多い! 逃げろ!

召還された魔物たちから逃げるウチにオークのパーティにも見つかり、後ろに大行列を作りあげながら逃げる逃げる。
すると、見たことない黄色い階段が。アレは?

うわぁ祭壇がいっぱいだ。トログさまのもある。
トログさま助けてちょ。とりあえず黄色い階段を戻るしかないのですか?「アタリマエダ、モドッテサツリクヲ…!」
ホントおっかねぇ神さまだよ……。
階段を戻ると、うわぁいるいるいるいる!下りよう!
アッ、ついてきた……。ダメダこりゃ。

続けて31世の活躍を見る

【Labyrinth】3人パーティのローグライク

Labyrinthタイトル
ここでひとつ、期待のローグライクをご紹介。その名も『Labyrinth』。
『Dungeon Crawl』のドット絵でお馴染みの、DENZIさんとDr.D.Dなるお方が制作あそばしたイカスRPGだ。
この『Labyrinth』、プレイの感触は『ウィザードリィ』っぽい。
キャラを作り、町で準備を整え、ダンジョンに潜る。その繰り返し。
ダンジョンではモンスターを倒す、倒す、倒す。ストイックなまでのハック&スラッシュ。
俺のような往年からのダンジョンRPGファンは大喜び。

Labyrinth町

これが町。ここで準備を整えてイザ迷宮へ。ガーゴイルの噴水がイカス。

Labyrinthダンジョン

これがダンジョン内。まるでトレーナーとジーンズの主人公がイカス。

このゲーム、ローグライクでありながら3人までパーティが組める。
パーティというか、局面によってキャラを使い分ける感じか。
戦士でモンスターをやっつけ、危なくなったらプリーストに切り替えて回復呪文、みたいな。
シーフは階段の位置が矢印で出て迷いにくく、モンスターにも見つかりにくいのでピンチになったらシーフに切り替えてダンジョン脱出、とか。
ていうか、パーティっていうより三重人格者みたいね(笑)。
モンスターも多数出てきてプレイヤーを苦しめる。
アイテムを集めて町に戻り再出発を繰り返し、ジワジワとダンジョンを攻略する。
そういうのが好きな人は遊んで損無し。

『Labyrinth』公式サイト

【DCSS:山岳ドワーフ戦士ガオウ一族の挑戦】ガオウ28世、29世の場合

ガオウ28世
せっかくトログの祭壇を見つけたのにどうしようもない28世。
どうして~。
この後、蛇の毒で、いつものように。
そして29世はジャッカルの群れに突っ込んでフルボッコ。SS撮るの忘れた。

続けてガオウ30世の活躍を見る

【DCSS:山岳ドワーフ戦士ガオウ一族の挑戦】ガオウ25世~27世の場合

25世は餓死。メシも食わずに寝ながら走ってたら餓死。 ちょっとウトウトしながらプレイしてたらこのザマ。

26世はいきなり笑っちゃうくらい狭いとこから始まった。

こんなスタート地点有りかよ?
実質地下2階からじゃないか。そしてスグ死んだじゃないか。

27世。

しこたま石が落ちてるダンジョン。拾って投げ放題だ。ここだけで93個の石を拾えた。
そして、森も見つけた。

やたらモンスターがいたんだけど、地下に森とは。このダンジョンはまだまだ知らないことが多すぎるなぁ。
まぁ、調子に乗ってピクニック気分で油断して囲まれて死ぬワケだ。

続けて28世、29世の活躍を見る

【DCSS:山岳ドワーフ戦士ガオウ一族の挑戦】ガオウ22世~24世の場合


22世と23世は、あっと言う間にお亡くなりになられました。
なので、今回は24世のお話。
24世はおっちょこちょいな性格で拾ったものをスグに装備してしまい、それが呪われているということが再三ありましたが(実際、この冒険でも武器と兜と鎧が呪われています)気にしていませんでした。
18世の亡霊とも戦い、当然勝利を収め、初代ガオウが散った地下5階も踏破し、地下6階に下りていきました。

下りた先にセントール。その先にカエル。なんでだチクショー

さぁ新記録だ!
意気込んだのはいいのですが、階段を下りたところにいたのはセントール。あのにっくきセントールです。
しかし、今回は違います。
呪われているとはいえ、いつになく強力な装備を身につけ、先祖を幾人も闇に葬ってきた蛇すら敵ではない状況です。
セントールも、いける。
そう思った24世は、セントールの後ろに控えるデカ蛙には気付いていませんでした。
セントールは、やっつけられるでしょう。しかし蛙は?
矢を打ってきましたが、大体かわしてやりました。半分ほどは身に刺さっていますが。
しかし、矢を受けまくっている時から、カエルは汚い舌で執拗に攻撃をしかけてきました。
セントールは倒れました。 カエルは倒れません。
カエルの舌はまだ攻撃を仕掛けてきます。
たまらず、倒れました。意識が遠のいていきます。
しかし、24世は満足でした。
我が一族で、一番深く潜ったのは俺だ。地下6階だ。
とはいえ、下りて瞬殺だったんですけどね。実質地下5階。

続けて25世~27世の活躍を見る