ブログアーカイブ

ベスプレオンラインリーグ「LEGEND」に予備登録しました

ベスプレのオンラインリーグ、今まで7つほどの機構で楽しんだけども、そのうち2回は俺の都合で離脱したのだが、残りはなんかコミさんがいなくなったりで自然消滅ばっかり。
そのうちのひとつは、もう確実にこれから黄金期を迎えるであろう時期に無くなっちゃったから、しばらくオンラインリーグから遠ざかったりしてたけど、やっぱりプロ野球球団のオーナー兼GMができるってのは楽しくって仕方が無いもんなので、いろいろ参加しちゃあ無くなったりしてたのだ。よく無くなるよな…。
で、現在。
またまた参加してみたいサイクルに入ったので、検索。
どうやら随分とリーグが無くなってるような気がする。
俺はアリスツールが好きなので、それで探したんだけども なんか全然無いっぽい。
見つけた「LEGEND」なるオンラインリーグに予備登録。
なんか今までご一緒したことがある人が多いので安心なカンジ。ていうかリーグの数が減った分、ずっと続けてる人は集まって来ちゃうのかもね。と、いうことは予備登録してもなかなか順番が回ってこないかも知れないな。 困ったな。
しかし、気長に待つとする。
ゲーム好き、野球好きはどんどん参加して盛り上がるといいんだけどね。そろそろ新作欲しいよなぁ。

広告

またオンラインリーグに参加したくなってきちゃった。

ベスプレのことを連続で書いちゃったから、野球チームを運営したくなっちゃったよう。
前に参加してたオンラインリーグが自然消滅しちゃってからもう半年くらいになったかな。ムズムズしだした。
俺はアリスツールが好きなんだが、使ってるリーグ滅茶苦茶少なくなってるじゃないの。みたところ1個しかない。
実は以前、アリスツールを使ったリーグにお誘いは受けてたのだが、2つの機構を切り盛りするのは時間的に無理だったのでお断りしてたのだ。
今なら、俺の身体も空いている。
でも参加すると、結構オンラインリーグ中心の生活(そんな大袈裟なモンでもないけど)になっちゃうんだよね~。今は時間あるからいいけど。
仕事が忙しくなってくるとドラフトリストやキャンプインオーダーや開幕オーダーなんかの締め切りに追われちゃって大変になるにはなるんだよな。まぁ、以前からやってはいることだから大丈夫なんだけど。
縁と機会があればまたどこぞのオンラインリーグに参加したいもんだ。
皆さんも、アリスツール(第一希望)を使ってるリーグでいいの見つけたら教えてちょーだい。

【ベストプレープロ野球’00】凄い『ベストプレープロ野球』

ベストプレープロ野球

プロ野球、もうペナントレースも後半戦に入る。今年はセもパも結構面白い。野球が面白いと、野球のゲームをやりたいと思うのである。で、野球好きなゲーマーは『ベストプレープロ野球』(ベスプレ)をプレイすべし。これはもはや義務と言ってもいい。
この『ベストプレープロ野球』は野球の監督をするゲームなのだ。『ファミスタ』や『パワプロ』のように選手を操作なんてしない、子供じゃないので。大人は監督。シブいですな。
野球の監督をするゲームというと、『ベスプレ』の他に『野球道』シリーズ、『戦略プロ野球』シリーズ、『Mr.プロ野球』、『名監督』などがある。『Mr.プロ野球』は『野球道』同様、チーム運営の要素もあり、野球のウラの部分も見れる代物だけど、もはや誰も知らない。『名監督』は、俺も知らない。『戦略プロ野球』シリーズは、結構良く出来ているが、知ってる人に聞いてくれ。他にもまだあるが、それはいい。あと、高校野球のもチョコチョコあるな。
で、この数多ある野球監督ゲーの中で一番は、やはり、『ベスプレ』に違いないのだ。何故か。ていうか教えよう。
まず第一に、試合の時のボールの軌道。この処理はプログラム的に複雑怪奇で難しいらしいが、一番見てて納得いくのはやっぱ『ベスプレ』だ。ひどいゲームになると、内部でアウトと処理してても画面上は明らかにセーフのタイミングで、でもアウトって処理されてて野手が送球を待ったりするのもある。まったくひどい話だ。『ベスプレ』は見ててそういうことは無い。もちろん、一定数のパターンが存在するのだが、やっぱり見てて納得が行く。まったく素晴らしい話だ。
第二に、数字の“ゆらぎ”。大体、野球監督ゲームの選手たちは、いいヤツはいい、悪いヤツは悪い、てなカンジになりがちだ。能力の低い選手がシーズン通して好成績ってのは実際的に不可能なのだ。だが、『ベスプレ』は違う。最強データを持つ選手も、不本意な、まったく不本意なシーズンを送ることもある。逆に、能力の低い選手が大爆発するシーズンがあったりもする。でも、何回もペナントを走らせると、平均して納得のいく数字を残す。この辺、まったく素晴らしい。
あと、『ベスプレ』は、選手の名前、能力をまったくフリーにエディットすることが出来る。コレにより、インターネットでは、“オンラインリーグ”なるモノが多数存在し、各自が自分のチームを持ってペナントを戦っている。“成長ツール”によって年齢の要素が組み込まれていて新人の獲得、ベテランの扱いが重要になっている。その他、外国人選手の獲得やトレードなど、オンラオンリーグはストープリーグが面白い。ちなみに俺も球団を運営していた。
どうだろうか。いいモノはいいでしょ。だから『ベスプレ』。俺はコレで決まりだ。
だが、PS2、ゲームボーイアドバンスでリリースされたのを最後に新作が出ていない。残念なことだ。
そして、オンラインリーグで遊んでいるPCゲーマーの中にこそこのゲームのコアなファンがいる。
PCで新作出しましょうよ薗部さん。

俺の趣味と俺。

俺の趣味。日本史とPCゲームと読書なんかが俺の趣味だ。その他、野球観戦とか、今は経済的理由でやれない競馬とかある。
“PC”ゲームって言ってるのは、そこがミソで、もちろんその他の家庭用ゲーム機のゲームもやるにはやるのだが、こだわりとして、特にPCゲームと明記する。日本におけるPCゲームの黎明期から今まで、見つめ続け、遊び続けた者として、これは譲れない。とにかく、これが最大の趣味と言える。
問題はその他の趣味だ。なんだか全て、ゲームがキッカケになってる。
日本史なんて、全然興味なかった。中学の中間テストで“織田信長”を“小田信長”と書いて△をもらうほど興味なかった。ところがちょうどその頃、『信長の野望・全国版』を何気なく友人にかりてプレイしてから歴史にハマった。なんせソレまでは、信長と家康と秀吉が同時代に生きてたなんて知らなかったし。しかし定番だな、戦国からってのが。で、司馬遼太郎を中心に小説を読み漁ったのだ。そして読書が大好きになっていった。そして、活字中毒とか言われるようになるまで、いろいろ読むようになった。
野球観戦については、まぁシロウトだった。ホームランが乱れ飛ぶ乱打戦が大好きだったが、特に好んで見てたワケじゃなかった。しかもガキの見方だし。ところが、シブい巧打者に目がいくようになった。1対0の試合がシビレるほど面白いのがわかった。そのキッカケが『ベストプレープロ野球』なのだ。
そして競馬はいわずもがな『ダービースタリオン』(PC9801版)。後に『クラシックロード4』、『ウィニングポスト』シリーズと遊び倒す。そして、競馬の血のロマンに感動した。
もしかしたら、俺ってゲームやってなかったら、恐ろしいほどの無趣味人間になっていたかも知れぬ。
PCゲーム万歳!