ブログアーカイブ

中世ヨーロッパの貴族になれる『Crusader Kings II』のプレイレポートがあるよ

4Gamerにいつのまにか『クルセイダーキングスⅡ』のプレイレポートがあったので読んでみた。

ヨーロッパ名門貴族の歴史を体験できる「Crusader Kings II」のプレイレポートを掲載。まるでハプスブルク家のように華麗なるゲーム

ものすごい面白そうじゃないデスカ。『クルセイダーキングス』もセコセコと遊んだ俺としては非常に楽しみになってきた。
リリースされるまでに買える体制を整えねばなるまい(泣)。
そういえば『Sengoku』もまだだし(号泣)。

広告

Paradoxの『Sengoku』の日本語版がやってくる

あぁ、これも遊びたいのに遊べてないなぁ。

Paradoxの歴史ストラテジー「Sengoku」が,その名も「戦国【完全日本語版】」として国内で2012年1月27日に発売

『ヨーロッパ・ユニバーサリス』を遊びながら「あぁ、このシステムで日本の戦国のゲームってできないかなぁ」とか思ってたのはいつの日だったか。
その夢が叶っておるというのに、遊べてないなんて!
俺にもサンタがやってこないもんかなぁ。
それはさておき、待望の『Sengoku』 日本語化ですな。
舞台が日本の戦国だからとっつき易いと思われるので、今までParadoxゲーを「難しそうだから」とか「英語だから」とか言って敬遠してた人は、是非コレでパラドゲーの妙を体感していただきたいと思う。

【天下戦国の上】気になってた戦国ゲームを試してみた

天下戦国の上この、『天下戦国の上』は戦略シミュレーションなのだが、システムとしてはいわゆるパラドゲーですな。Paradoxの『ヨーロッパユニバーサリス』シリーズなんかと同じ。
『ヨーロッパユニバーサリス』や『クルセイダーキングス』をプレイしていて、「このシステムで日本の戦国をやりたいよな~」と思ったことないですか?あるでしょう?その前提で話を進めると、要するにこの『天下戦国の上』はその夢が叶うゲームだと言えよう。
え?Paradoxからもうすぐ『Sengoku』がリリースされるって? 知ってるよ。知ってるけど、こんなのを作り上げた作者さまに敬意を表し、コッチもプレイしたいじゃないの。
で、このゲームがスゴイのは、天下統一がどの勢力でも可能だというふうには作られてないとのこと。こりゃ挑戦し甲斐があるなぁ。
ちなみに、最近このゲームは完成を見て、シェアウェアになってるけれども、ここではフリーのバージョン0.6.4版を使ってるのでお気をつけて。
とりあえず初プレイなので薩摩の島津でいくことにする。戦国ゲームの初プレイは島津、『信長の野望・武将風雲録』から続く、俺の儀式。

天下戦国の上 九州

開始時の南九州。飛び地があるし。間にいる入来院家は目障りこの上ないな。

まずは薩摩統一をせねばなるまい。まずはしかし参謀を任命し、奉行を任命し、後継者を決めねばなるまいな。
ちゅうことでまずは参謀。

軍事:島津義弘
施政:島津義久
交渉:島津歳久
謀略:島津忠良

見事なる一族経営。しゃーないじゃん、一番デキるのがヤツらなんだから。
そして後継者はもちろん義久(島津家の場合、もちろんとか言ってても怖いけど)。任命したら団結力が1下がった。何でやねん!
誰か不満を抱えてる不届きモノがいるのだな。誰だ~チクショ~。

天下戦国の上

でサクっと入来院家を滅ぼしてついでに菱刈さんもやっつけて薩摩統一したがな。さすが島津…。
菱刈さんはウチで雇ってあげたんだけど、使えないね。

薩摩統一の図。当面は九州制覇に邁進しますか。

さて、ここから島津家の飛躍を迎えるであろう続きのプレイをどうしよう。せっかくだからリプレイチックに連載していくか。ちょっと考え中。
しっかしこのゲーム、フツーに面白すぎるわ。
戦術なんかより、戦略で頭沸騰させながらジワジワ攻略したいんじゃ!という人にはピッタリなゲームだと思う。
自分だけの目標を見つけて、生き残っていく。そんな戦国のヒリヒリするような緊張を味わいたいなら是非プレイを!

天下戦国の上 公式ウェブサイト