ブログアーカイブ

【ハクスラ】この中に一人、3次職に就いてないヤツがおる。お前やー!

ジェノサイダー ハクスラやっとでございますよ。やっと3次職5人目。
とあるBOSSの後ろの青い宝箱から出やがったぜ転職アイテム。
Maxはグラディエイターにする予定なので、Axeがジェノサイダーになった。
さてしかし、現状は第三層も半ばを過ぎた頃なのだが、大体戦闘のパターンが出来てしまった。
効率的に進めるにはいいのだが、作業感が増幅し、結果飽きちゃうというパターンになってしまうのだ。
なんか今そんな感じ。
戦闘をもっと楽しまなきゃイカンな〜。スキル名とか叫びながら遊ぼうかな〜、みたいな。

【ハクスラ】Lucksがスターヒーラーになったぞう

ハクスラ スターヒーラー

やっとスターヒーラーの転職アイテムを入手。これでやっとLucksがスターヒーラーに。
ていうか、スターヒーラーてなに?
きっと回復魔法をバンバンかけてくれるスターなんだろう。錦野?
ところで、前衛の2人はとっとと転職したいのに、転職アイテムが出ない。
なんてこった!
やっぱり『ファンタジアン』を思い出すなぁ。
転職アイテムもっと寄越してちょーだい。

【ハクスラ】Hacksがチャリオットに

チャリオット ハクスラ

チャリオット登場だぁ。例によってはじめは使えん。第三層だし。
ニンジャも今のところイマイチ。
ソードマンMASTERが2人て。転職アイテム出ないんだもん。
転職アイテムを求めて潜る日々。

【ハクスラ】第3層に突入。

ハクスラ 第3層
やっと、第2層を突破したぞい。
いやぁ、ミズチが強かった。何度全滅させられたことか。
それにしても第3層は、なんだか寒々しいな。
そして、ここにきてやっとギルドのマルトスが“話す”コマンドで三次職の転職アイテムの話をしてるから、転職アイテムもバンバン出てくるのだろう。
出てきてください。

 

【ハクスラ】第1層突破した〜ゼ〜

ハクスラ 第2層
『ハクスラ』もやってるよ〜。というわけで、第1層をクリア。
第2層になだれこんで苦戦中。苦戦中とはいえ、全滅することは、もう無い。
このゲーム、はじめは超苦戦して1回ごとに町に戻ったりしてたが、今はその心配はいらんのだ。
全滅はしないとしても、第2層の敵は手ごわい。
そして、なんか第1層のモンスターとグラフィックのタッチが違うような気がする。
変わってる?

【ハクスラ】ダンジョン1-1突破

召還失敗

ダンジョン1-1のBOSS。その名も“召還失敗”

ダンジョン1-1、クリアでございます。
β版ではレベル20だったが、今回は全員レベル12。俺のプレイスキルも上がっている(のか?)。
どうやら、そのエリアのBOSSをやっつけると闇が晴れるらしく、マップが全開で見えてかなりスッキリとなった。以外と狭いのね。

ハクスラ ダンジョン1-1クリア

全部見えるとスッキリなマップ。

ハクスラ

BOSS戦後になんか敵のアイコンが増えてる。手をだすのも自由だが…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやしかし、ここまででもかなりコッテリと楽しませてもらった。ただただ潜って戦ってアイテムと金集めて、それがこんなに楽しめるなんて。
これから先も、楽しみである。

昔に戻ったような状況では昔を懐かしめば良いのだ。

引越しをして未だネットが繋がってない状態なので、なんとも不便で、さらにつまんない状況なのだ。
まぁ、ネットが無いといっても昔はそんなの当たり前だったワケで、そんな状況になると、なんか気持ちも昔のあの頃に戻ってしまいますな。
そんなときはやっぱりハチハチのゲームでしょう!
ということで昨夜、『ファンタジアン』で遊んでみた。
おもしれぇなぁ。懐かしいなぁ。
戦闘が楽しすぎる。
というわけで、あの頃と同じように、ダンジョンの入口付近でクルクル回ってレベルアップに勤しむことにする。
バトラー以外はHPが2とか3だからレベルアップするまで遠出できないんだよな、このゲームは。
今日も寝る前に遊ぶこととする。

【2032 Diver City】あのチュンソフトがダンジョンでMMOでブラウザなRPGを!?

なんか、『不思議のダンジョン』シリーズが大好物な俺には非常にひっかかりまくるタイトルですが。

ダンジョンMMORPG『2032 Diver City』発表!中村光一氏のトークをお届け

前にも言った通り、MMORPGは好きくない俺だが、これはちょっと遊びたいかも。ダンジョンを掘って掘って掘りまくってダンジョンがプレイヤーによって生成されていくのは面白い。

「『不思議のダンジョン』シリーズのファンに判りやすく言うと、壁を掘るアイテム“ツルハシ”をメインにしたMMORPG。つまり、“ツルハシオンライン”ということです(笑)」

“ツルハシオンライン”て。そういうことか。
しかしこの場合、プレイヤーがいっぱいいたらスグに壁が無くなっちまうんじゃないの?その辺どうなんだろう?
気になるなぁ。
基本無料アイテム課金とかで萎えるのは目に見えてるような気がするけど、ちょっと遊んでみるかな。

【ファンタジアン】打倒ビルアデスを合言葉にダンジョンを彷徨うのだ

ファンタジアンタイトル

クリスタルソフトの超傑作RPG。海外で『ウィザードリィ』が流行ってる頃発売された国産のRPGの中ではもう最高でしょう、と思う。
とはいえ、『ウィザードリィ』の影響はとてつもなく大きく、パクリとさえ言われた。
しかし、ソフト面ではなく、ハード面で『ウィザードリィ』を大きく引き離す。当時、遊べた『ウィザードリィ』は戦闘になる毎にガチャンガチャンとロードしてたのだ。しかも結構遅い。が、この『ファンタジアン』は、起動時に全て一括ロードするので、ウィズと比べたらもう天国のようだった。
戦闘は『ウルティマ』のタクティカルコンバットシステムを採用し、コッチもパクリと言われてた。
しかし、『ファンタジアン』の最たるオリジナリティは、この戦闘にある。
タダのタクティカルコンバットではなく、なんと半リアルタイムなのだ。コマンドに悩んでると、順番飛ばされちゃうのだ。
だから、テキパキとコマンドを入れていく必要があるので、経験値稼ぎの戦闘でも本気になれるってワケ。
コレのおかげで常に緊張感ある戦闘が楽しめた。
まぁ、内容的には今考えるとそんなに難しくないような気がするが、『ハイドライド』の次にコレに手を出した俺には、ワイヤーフレームダンジョンを歩くのもスゴイ難しかった。が楽しかった。
毎日毎日ダンジョンに潜ってたな~。懐かしい。
あと、ウィンドウシステム。
パッパッとウィンドウが開くのは当時では秀逸。
青すぎて目がチカチカするけど。
とにかく、国産RPGではトップレベルっていうかトップであろう。俺だけ?
あ~またやりたくなってきた。