ブログアーカイブ

88ユーザーを羨ましがらせた98ゲームたち

88が既に衰退し始めたころの98ゲームじゃなく(そうだったらもう買い替えだし)、88全盛期の頃にあえてそのスペック欲しさとその他理由で98でリリースされたゲームのことですよ。

・現代大戦略
・ファンタジーナイト
・維新の嵐
・ティル・ナ・ノーグ

ざっとこんなもんか。システムソフトばっかり。当時はとんがってるメーカーだったのになぁ。
『現代大戦略』は『大戦略88』として移植された。FM-7版は『大戦略FM』だった。『大戦略X1』というのがあったかどうかは思い出せない。まー、コンピュータ側の思考が長いこと長いこと。
『ファンタジーナイト』は『現代大戦略』のユニットをファンタジーに置き換えたゲームだったが、のちにもっと洗練された『マウター・オブ・モンスターズ』に生まれ変わって88にやってきた。これはやり込んだなぁ。『大戦略』と違い、ユニットの成長(レベルアップ)の必然性が感じられ、一生懸命育ててた。
『維新の嵐』はマイナーチェンジして移植された。当時、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読んで幕末にかぶれていた俺は、親父に98をせがむ毎日を送っていたのだが、この移植で親父は事なきを得た。説得システムがガラリと変わっており、もはや別のゲームのようだが、以後、他機種への移植はこの88版がベースになった。ただし、やっぱり98版のほうが面白い。
『ティル・ナ・ノーグ』はほぼ完全に移植されたと思うが、シナリオジェネレートが長すぎ。88が壊れたのかと思った。
その他、なんか色々あったような気がするが、まぁ、今の無い情報だが、思い出せばおいおい。
他にもこんなのあるゼ!とかアレを忘れてるゼ!とかいうのがあれば情報求ム。

広告

PCでゲームですって?阿呆じゃないかしら?ほっとけ

断言。日本のPCゲームの市場は壊滅状態である。
たまに話題にのぼるPCゲームは海外の移植作品ばっかり、多少元気なのはいわゆるエロゲー。
実はこんな状況、過去にもあった。
PC9801全盛だったころ。頑張ってるのは光栄(現コーエー)、システムソフト、アートディンク、日本ファルコムくらいで、後はエロゲーばっかというとんでもない事態になった。
その後、DOS/V互換機がまたたく間に日本を席巻し、良質な海外のゲームが入ってきて、日本のメーカーを脅かしたのだった。
あの頃と、似ている。
大手メーカーもコンシューマーゲーム機に続々参入、そっちへの移植ありきのゲームばっかり作っているし、そうじゃなきゃ、テキトーにオンラインゲームで茶を濁している。PCゲームサイト“4Gamer.net”もコンシューマー情報が多すぎだし、販売店のPCゲーム売り場の何と狭いことか。
憂うべき状況。
あの頃と違って、今はゲーム機のスペックもPCにひけを取らないほど高いし、テレビも十分すぎるほど美しい映像を映せるようになっている。かつて膨大なデータ、綺麗な画面という点ではPCゲームに敵わなかったコンシューマーゲームが、その点でもPCゲームを凌駕する状況なのだ。
となると、わざわざPCでゲームをする意味なんて無くなっている。お気楽に、コントローラーを握り締めてゲームすりゃいいのだ。
それでも、PCでPCならではのゲームをプレイしたいユーザーはいるはずだ。
マイノリティだからって、シカトしないでもっと遊ばせていただきたいなぁ。

【冒険浪漫】タイトル画面のオッサンは誰だ!?

冒険浪漫タイトル画面

システムソフト(現システムソフト・アルファー)は時々謎のアクションゲームをリリースした。この『冒険浪漫』しかり、『遊兎伝』しかり。『大戦略』のイメージがあって、システムソフトがアクション、と言われてもピンときませんな、とか言いながらプレイし始めたらミョーにハマった。
主人公はDOTAくんといい、なんだか知らんけどつかまってる家族を救出しにいく。DOTAくんはアイテムを集めてパワーアップしながら進んでいく。

冒険浪漫

水中メガネに羽つき帽子。コレで飛べるし、 水にも入れる。

アタマにつけるアイテムと武器アイテムがあるんだが、そのアイテムもなんだかナンセンスなカンジ。アタマにハチマキをつけると歩くのが早くなり、水中メガネをつけると水に入れるし、羽のついた帽子なら飛べる。
武器はピストル、ナイフ、水鉄砲などなど。
全部で4面で、面の最後にはデカいボスキャラが待ってる。
まぁ、ゲームとして見た目から何から無難にまとまっている。
しかし、音楽は突出してイイ。一度聞いたら忘れないほどのインパクトあるフレーズだ(特にタイトル画面)。聞くべし。
ていうか、一番印象に残ってるのがタイトル画面のBGMなのだ。
しかしタイトル画面のオッサンは誰?ゲーム中のDOTAとは大違い。

冒険浪漫

1面のボス。見て分かるとおり、ひとつ目を狙う。って目つぶってるし。