ブログアーカイブ

【源平合戦】ワイルドな源氏でいく?それとも優雅な平家で?

源平合戦タイトル
今年2012年の大河ドラマが『平清盛』ということで、このゲームも再び脚光を浴びるだろう(んなワケあるか)。
光栄のゲームとしては、『ランペルール』と並んで“隠れた名作”との呼び声が高いけど、要するにコンシューマー機に移植されなかったので有名ではないのだ。
頼朝や清盛だけでなく、源義仲や藤原秀衡もプレイできるのが良い。よく考えたら俺は平清盛でプレイしたことがない。やっぱり源氏で日本を蹂躙するのが楽しいのだなぁ。

平清盛の最期

このゲームにおける、俺の清盛のイメージはこれのみ

国盗りゲームなので、基本は『信長の野望』や『三國志』と同じようなカンジではあるが、戦術面が前面に出されていて、どちらかというと『項劉記』のシステムに近い。行軍している軍団も可視化されていて、軍団同士がぶつかると戦闘になる。

朝廷外交 源平合戦

高飛車な貴族どもにヘコヘコ。それがこの時代の武士なのだ。

あと、武将が保持できる兵数は官位によって決まるため、多数の兵を動員するために、常に朝廷に媚びへつらわなければならないので、『信長』ではほぼ無視している朝廷の存在が思いのほか大きい。ヤツらの機嫌を損ねて官位が無くなりゃさぁ大変、いくら義経でも戦に勝つのは難しい。
ムカツく貴族にせっせと金を持って行き兵力をキープせよ。
そして、後白河法皇もウザい。
史実よろしくちゃんと陰謀を仕掛けてきやがる。
ウチの配下を篭絡するなー!
敵勢力に武将を送るなー!
こういったことを食らわないように、常に朝廷との関係は良くしておかなければならないのであった。メンドクセ。でもだからオモロイ。
あと独特の要素として、「優雅」「無常」というパラメータがある。
優雅なヤツを殺したりすると無常が上がり、上がりすぎると出家していなくなっちゃうので注意。

源平合戦 戦闘

バストアップの人物イラストはこのゲームが初だったと思う

今回、清盛の名を良く聞くので久々に遊んでみたのだが(秀衡で)、全然オモロい。操作性は当時のものなんで悪いけど、システム自体は非常に良く出来てると思う。
勢力ごとに独自のコマンドがあるので、どの勢力でも新鮮にプレイできるのもポイント高い。でも平家では遊んだことない。つまり「歌会」したことない。
まだまだしゃぶりつくしてなかったなぁ。


広告

『三國志12』の続報が続々

あぁっ、こりゃ遊びたくなっちゃうスクリーンショットがいっぱいですな。

「三國志12」の最新情報が公開。新たに公開されたスクリーンショットで内政の様子や戦闘画面を確認しよう

顔グラが、今回もバストアップの出血大サービスなんだけども、今回は手の動きが多いなぁ。見てると今にも動き出しそうな。
システム的には『信長の野望・天下創世』以後のお馴染みのシステムっぽいな。しかしまぁ、見た感じ相当ラクっぽい。
いやもうシステムなんてもうどうでもいいんだホントは。
コーエーには頑張っていただきたい。やっぱりどっかで期待してる俺が居る。

『三國志12』の続報がきてるゥ!

やっぱり画面見ると期待が高まってしまう。

タブレットPCで動いてるゥ! 「三國志12」が動いているところをコッソリ見せてもらっちゃいました(4Gamer)

タブレットで操作可能ってのも「ケッ」とか思ってたわけだけども、なるほど操作性良さそうですな時代はダブレットかも知れませんな、とか考えだしちゃってコーエーの思うツボか。
どうも見た感じライトなシミュレーションといった感じなワケだけれども、見ただけで面白そうなんて思うのは元光栄信者の性か。
まぁ、問題はヘヴィかライトかではなく、面白いか否かだからな。
裏切られないことを切に望む。

なんと『三國志12』が発表された

『信長の野望・天道』がPCのスタンドアロンなゲームに対するコーエーの最後っ屁かと思ってたら、もう1発残ってたようだ。

[TGS 2011]約5年振りのシリーズ最新作「三國志12」,2012年にPCで発売決定(4Gamer)

スゴイ楽しみで、期待したいんだけど、不安がデカい。
『天道』のときのように、前作のマイナーチェンジしてパワーアップセット買ってね、みたいな状況だったらガッカリもんだし。

本作ではタッチ操作にも対応し、過去タイトルではプレイが難しかったノートPCやタブレットPCなど低スペックハードでもプレイできるような、幅広い層の方に楽しんでいただける作品を目指しております。

引っかかるな、どうも。だから期待どおりじゃなくてもしょうがないよ、という言い訳を今からしてるわけじゃあるまいな。
俺を長年楽しませてくれたシリーズだし、絶対プレイすると思うけど…。
期待しないで待つこととする。昔は、光栄と言えば期待しまくりだったのになぁ。
さびしいですな、どうも。

『三國志12』公式サイト

光栄(現コーエー)の、事典があった。

光栄ゲーム用語事典

ヒロイモンの画像です。感謝!

確か、実家にまだあるはずだと思ってた『光栄ゲーム用語事典』。実家帰ったらなかったようシクシク。
それまでに発売されていた光栄(現コーエー)のゲーム(『信長の野望』は戦国群雄伝まで、『三國志』、『蒼き狼と白き牝鹿』はジンギスカンまで、『水滸伝・天命の誓い』、『麻雀大会』、『維新の嵐』以上かな収録ゲームは確か)内の登場人物、イベント、地名などのほか、メッセージまで項目となってて、写真も満載。
基本的にそれぞれの説明も笑わせようと意図されていて、実際爆笑モンの定価5000円。高ッ。だが俺は発売日にみつけるまで本屋をめぐって買った。
『麻雀大会』に出てた“ナポレオン”の項目では、のちの『ランペルール』発売をにおわす説明があったりした。
メッセージまで項目立ててるモンだから、記念すべきひとつめ、【あ】の1発目の項目が確か【あぁ、イナゴだ…】(『三國志』より)だという。
あぁ、読みてぇ。
実はブックオフとかフラフラ入ったりしたときに探したりしてんだけど、ないねぇ~。大体が、どれくらい売れたんだろうか?そんなに市場にないのかも。ヤフオクとかしかないか。
いつか絶対手に入れたいなぁ!
ちなみに、これよりのち、光栄はゲームごとに用語事典を出版して、ユーザー(っていうか俺)からズリーぞコノヤロウとか思われていたのであった。

光栄ゲーム用語事典

【三國志】泣く子も黙る光栄の人気シリーズの元祖

『信長の野望』、『蒼き狼と白き牝鹿』のあと、満を持して光栄(現コーエー)が世に放った歴史シミュレーション。
以後、「歴史三部作」として光栄の発展を担うことになり、現在でもシリーズが続いている(のかなぁ)。
ゲームを起動し君主を選んだら、まず初期光栄ゲーム定番のルーレット方式の能力決めをやる。
武力、知力などの数値がランダムにピロピロなってるのを、スペースキーを押して止めるのだが、コレ、本当に全ての光栄ゲームがこうだったから普通にやってたけど、今考えると「ナニコレ」なカンジですな。

三国志君主選択

少しでもパラメータを高くするため、納得いくまでやりなおすのだ。

で、ゲームに入ると、人材の嵐。
『三國志』の場合、『信長』、『蒼き狼』にはなかった“人材”に焦点をあててシステム化しているので、三國志の世界の智将、猛将たちがたくさんいるのだ。確か、255人だったような気がする(ウロオボエ)。
この武将たちをいかに揃え、いかに活用するかが楽しいし、それこそがこのゲームのキモ。
だから、大体のプレイヤーが曹操のごとく人材コレクターになるのだ。諸葛亮と司馬懿が同じ勢力にいようがカンケーないっ、ちゅーくらい無節操に集めまくるのがフツーのプレイヤー。大抵はゲームが始まったら、呂布を引き抜くのだ。

何は無くともまずは呂布を引き抜くところからはじまるのであった。

戦闘モードも、『信長』『蒼き狼』より非常に見易くなっている。ヘックスではなく、四角いタイルを積んだような形。そして実は初めてグラフィカルになった。『信長』も『蒼き狼』も戦闘シーンは背景が真っ黒だからねぇ。
そして、攻める側も兵糧を画面上に置くのが他のゲームと違うところ。
この兵糧を守る側に獲られると、兵士が飢えて減っていってしまうので、攻撃側はこれを守らなければならない。
守る側も劣勢でもうまくいきゃ兵糧を奪うことにより勝てるのである。
ただ、攻めるにしろ守るにしろ、囲んで火を放てば大体勝てるのである。これ、このゲームの必勝法。

呂布を引き抜いたらすかさず司隷を攻め取る。そして玉璽を…。

俺はこのゲームで歴史シミュレーションの世界にハマり、今もハマり続けているのだ。
そしてさらに、歴史そのものにも興味を持つようになり、PCゲームと歴史っていうのが趣味の二本柱という人間ができあがった。
この『三國志』がなければ、俺の人生はもうちょっと変わってたかも知れないのであった。

PCでゲームですって?阿呆じゃないかしら?ほっとけ

断言。日本のPCゲームの市場は壊滅状態である。
たまに話題にのぼるPCゲームは海外の移植作品ばっかり、多少元気なのはいわゆるエロゲー。
実はこんな状況、過去にもあった。
PC9801全盛だったころ。頑張ってるのは光栄(現コーエー)、システムソフト、アートディンク、日本ファルコムくらいで、後はエロゲーばっかというとんでもない事態になった。
その後、DOS/V互換機がまたたく間に日本を席巻し、良質な海外のゲームが入ってきて、日本のメーカーを脅かしたのだった。
あの頃と、似ている。
大手メーカーもコンシューマーゲーム機に続々参入、そっちへの移植ありきのゲームばっかり作っているし、そうじゃなきゃ、テキトーにオンラインゲームで茶を濁している。PCゲームサイト“4Gamer.net”もコンシューマー情報が多すぎだし、販売店のPCゲーム売り場の何と狭いことか。
憂うべき状況。
あの頃と違って、今はゲーム機のスペックもPCにひけを取らないほど高いし、テレビも十分すぎるほど美しい映像を映せるようになっている。かつて膨大なデータ、綺麗な画面という点ではPCゲームに敵わなかったコンシューマーゲームが、その点でもPCゲームを凌駕する状況なのだ。
となると、わざわざPCでゲームをする意味なんて無くなっている。お気楽に、コントローラーを握り締めてゲームすりゃいいのだ。
それでも、PCでPCならではのゲームをプレイしたいユーザーはいるはずだ。
マイノリティだからって、シカトしないでもっと遊ばせていただきたいなぁ。

歴史シミュレーションについてとりとめもなく考えてみる

昔は、歴史シミュレーションと言えば光栄(現コーエー)だった。『信長の野望』、『三國志』を中心としたその作品群にみんな酔い痴れた。でも、今そんなこと言う人はごく少数だろう。
現在、コーエーに替わって歴史シミュレーションファンを唸らせているのは、Paradox Interactiveだろう。『ヨーロッパ・ユニバーサリス』シリーズや、『クルセイダー・キングス』、『ヴィクトリア』などの戦略ゲームは、プレイすればわかるが確かに面白い。
これらのゲームは「歴史シミュレーションゲーム」と言うよりも「歴史シミュレーター」と言うべきかもしれない。なにしろ、“戦争を繰り返して統一”という、ゲームとしてのお約束がスゴク困難、ていうかほぼ無理なのだ。じゃあプレイヤーは何をするのかというと、歴史という時間の流れの中で、担当する勢力が生き残るために精を出すのだ。内政、外交、戦争全て生き残るため。それらを駆使して生き残れる状況を作り上げるのがプレイヤーの役目なのだ。その間に目標はプレイヤーが決めればいい。“ある地方の完全武力征圧”でも“フランスだけは滅ぼしてやる”でも“琉球で貿易大国として名を馳せる”でもなんでもいい。これが俄然楽しいのだな。
だが、これらのゲームは、とにかくままならない。内政、戦争はほぼオート、自分に不利なイベントがバンバン起こる、周囲の勢力は思い通りに動かないなどなど。それでも頑張って苦悩して目標に近づくべく状況を構築する。なんだかマゾッ気たっぷりだが、その苦悩をプレイヤーは望んでいるのだろう。
その苦悩は、親分の苦悩。そしてみんな親分になるためにシミュレーションゲームをするのだ。戦国大名になるために『信長の野望』を遊ぶでしょ、みんな。決してひとつの野戦を指揮する将軍になるためじゃないはずだ。だから、Paradoxは合戦をオートにしたんじゃないか。親分として、結果報告を受けるだけ、みたいな。そしてこういうゲームが出たから、全ての局面を切り盛りするスーパーマン的な働きが要求されるコーエー(あるいは光栄)のゲーム、その模倣から始まった国産のシミュレーションゲームがウソくさく見えちゃったような気がするのだ。
簡単にいうと戦術はいらないよ、戦略だけ永遠に練れれば楽しいんだよ、とこういうことだ。
結論としては好きなゲームをそれぞれ遊べばいいんだが、歴史シミュレーション好きを謳うなら、Paradoxのゲームは面白すぎるほど面白いから遊んだほうがいいよ、とこういうワケだ。
あと付け加えるなら、国産フリーの『戦国史』と『三国鼎立2』が戦略だけ考えて苦悩しろってタイプで面白く、オススメだ。題材的にもコッチのほうが馴染みやすいしね。遊べ~。