カテゴリー別アーカイブ: 天下戦国の上

【天下戦国の上】イベントに泣く斎藤道三

実は最近密かにまた遊んでる『天下戦国の上』。しかしスカッとしない。
とりあえず室町幕府復興は脇に置き、徳川で遊んでみる。織田をさっさとやっつければラスボス豊臣が出ないかも知れないので、その検証のため。
桶狭間後のイベントで織田との同盟を突っぱねるつもりが間違えて同盟組んじゃった。意味無いじゃん、と思いつつそのまま続行したら、豊臣発生。
小牧長久手の戦いのイベントを秀吉がどうにかしたらしく、知らない間に豊臣に従属している。
これにはビビッた。
CPU野郎の選択で強制的にこっちの状況が変わるのはいかがなものか。領地が変わることだってあるからね。まぁ、それでこそパラドックスっぽいといえばそれまでだが。
その後、謀略の鬼と化していた服部半蔵と本多正信で豊臣の武将を暗殺しまくりながら時間を潰すがつまらない。無理矢理豊臣に宣戦布告して玉砕。今度はキッチリ織田潰しを試そうと思う。
次、美濃の斎藤でプレイ。しかし、道三ファンにとっては余計なイベントがあるのだ。 「マムシの隠居」と「長良川の戦い」がそれである。

マムシの隠居

長良川の戦い

しかし、俺は義龍などでプレイするつもりはない。どうするか。
考えたのは、まず義龍の追放。プレイ開始と同時に追放!ボンクラばかりの中で捨て難い能力ではあるが、なに、半兵衛がやってくるまでの辛抱である。
しかし、義龍は舞い戻ってきた。なんか知らんけど普通にイベントが起こり、必ず大名になりに戻っていらっしゃる。いらっしゃるなっての。
そりゃねぇだろう。今までどこに隠れていやがった!?てなカンジでダメだ。
ならば。もうここは処刑するしかない。さらば、義龍。
さがる団結、あがる悪名。
さらにお構いなしに織田と同盟を切る。ラスボスを種のうちに掘り起こしてなかったことにするためだ。 急がなければならん。
しかし勝手な処刑と勝手な同盟破棄で国がガタガタに。その隙を突いて婿殿(信長)がいらっしゃる。いらっしゃるなっての。
う~ん、うまくいかない。

広告

【天下戦国の上】足利幕府の復興を狙ってみる

島津で散々な目にあった『天下戦国の上』ですが、タイトルとおり、次はいっちょ足利将軍家でいこうと思いますが、いきなり近江の高島にいますな。
なんか京都は三好家に乗っ取られてるんだな。
時間が経ったら、まずは若狭の武田家に言いがかりをつけて攻め入った。余裕余裕!
しかしすかさず、三好が高島に攻めてきてあっと言う間に獲られちゃった。
あぁっ気が付くと若狭に閉じ込められた!
そんな折、三好がなんだか四国方面に兵を集め始めたので、ココだ!と全力をかけて高島を奪還!
ホッと一息。内政に精を出すことにした。
しかし若狭一国と高島城だけではいかんともし難く、人材を家中に引き入れすぎて財政圧迫してきてるし、そろそろ次に取り掛かるか。
ここで判断ミス。
近江をまず統一しようと、なんと浅井家に喧嘩を吹っかけることにしちゃった。高島から全力投球で浅井領へ攻め込むと、すかさず若狭に朝倉家が!
そうか!
浅井と朝倉が同盟組んでるのは常識過ぎるほど常識、両家がガッチリと協力体制なのは当たり前すぎるわ。
なんてこった!
しょうがないので必死で抗戦したらなんとか落ち着いたけども、なんとイベントで一気に播磨まで織田家が制圧しちゃった。

この広大な織田家をどうすればいいのか。怖くて眠れない

そりゃネェヨなぁ。コッチは必死こいて切り取っていってるのに、クリックするだけでどんどん領土を増やしやがって!
さて、これからどうすれば良いんだろう?

【天下戦国の上】イベントが強制的だなぁ

『天下戦国の上』続き。
肝付を侮辱しまくってたら案の定向こうから宣戦布告してきた。余裕で返り討ちで滅ぼした。
大友も動かない。よし、これで大隈は切り取れるな。
光明が差したところでイベント発生。耳川の戦い。

耳川の戦い

あら?何か勝ってるし。
つづいて相良がイベントで泣きついてきてさらにイベント。沖田畷。

沖田畷の戦い
これまた勝利したことに。
そうか、このゲーム、イベントが強力だな。史実に忠実に、事件が起こりやがる。歴史には抗えないのか~。
そして、強烈なイベントがやってきた。

秀吉がいらっしゃるイベント
「かかってきな!!」
我が領土はあっと言う間に豊臣色になっちゃった。むぅ。
こうなるんだったら、どこでどうプレイしてても秀吉出てきたら終わりじゃないのか?そうなのか?
だとしたら、天下を狙うなら、本能寺あたりまでには強力な勢力を築き上げないとダメってことだな。難しいなぁ。

【天下戦国の上】なるほど、一気に手を広げるとこうなるのか

あっという間に九州混戦

なんか大隈を併呑しようとして無理やり宣戦布告したら周りの野郎どもの気に障ったらしく、大友さんとその仲間たち及び甲斐さんが多方面から攻めていらっしゃった。いらっしゃるなと言うに。
なるほどなぁ。やっぱ無理矢理戦争するのはダメなんだな、このゲームは。
なんて言ってる間にどんどん大友色に染まっていく日向。大友TUEEEEEEEEEEEEEE!
実は、このあとこのまま滅亡しちゃった。大友抗い難し。耳川の合戦なんて無理。
大義名分を得たあとに宣戦布告する という手順をちゃんと踏めば周りの大名も騒がないんだろうか。その為には肝付さんちを侮辱しまくるしかないんだろうか。
ム~、一筋縄ではイカンなぁ。
ちょっとロードしなおしてさらに調査を進めます。ってただ遊んでるだけだけど。

【天下戦国の上】プレイしてわかったことなど

南九州制覇直前
いやいや、面白すぎ『天下戦国の上』。
熱中しすぎていつの間にか1570年。薩摩の次は大隈を切り取っていこうと思ってたんだけども、日向の伊東との国境が不穏な動きが!とかなって宣戦布告の材料(大義名分)になるってんで宣戦布告して一気に日向を奪っちゃった、という段階。
大義名分がなかったら団結力が減るし、団結力がマイナスだと無理やり宣戦布告できないし、『信長の野望』みたいに好き勝手にジャカジャカ戦争はできないのね。
しかも、ひとり出奔して気づいたんだけれども、団結がマイナスだと武将の不満が溜まっていっちゃうのね。よかった主力が出奔しなくて。とかいって主力は一族ばっかりだけど。
あとは浪人さんの話。
あちこちで滅亡したあと、負け戦をした傷心の武将さんたちがワザワザ九州の南の端までおいでになる。
おかげでこんな大物を家中に迎えることができた。

山中鹿之介
山中幸盛って、まさかまさかの山中鹿之介君じゃないの!さすが戦馬鹿なパラメータだねぇ。
あと、今ウチの城下には北条氏政がウロウロしておる。
登用可能範囲ってあるみたいだけどどれくらいなんだろ。
ちゅーわけで、この島津でプレイ日記書こうかとも思ったんだけど、とりあえずシステムに慣れるためにガンガン行きまする。
プレイ日記は徳川か斎藤かで行こうかな。それとももっと弱小が面白いかな。しかしそれは後の話。
とりあえず島津で研究プレイを続けまする。

【天下戦国の上】気になってた戦国ゲームを試してみた

天下戦国の上この、『天下戦国の上』は戦略シミュレーションなのだが、システムとしてはいわゆるパラドゲーですな。Paradoxの『ヨーロッパユニバーサリス』シリーズなんかと同じ。
『ヨーロッパユニバーサリス』や『クルセイダーキングス』をプレイしていて、「このシステムで日本の戦国をやりたいよな~」と思ったことないですか?あるでしょう?その前提で話を進めると、要するにこの『天下戦国の上』はその夢が叶うゲームだと言えよう。
え?Paradoxからもうすぐ『Sengoku』がリリースされるって? 知ってるよ。知ってるけど、こんなのを作り上げた作者さまに敬意を表し、コッチもプレイしたいじゃないの。
で、このゲームがスゴイのは、天下統一がどの勢力でも可能だというふうには作られてないとのこと。こりゃ挑戦し甲斐があるなぁ。
ちなみに、最近このゲームは完成を見て、シェアウェアになってるけれども、ここではフリーのバージョン0.6.4版を使ってるのでお気をつけて。
とりあえず初プレイなので薩摩の島津でいくことにする。戦国ゲームの初プレイは島津、『信長の野望・武将風雲録』から続く、俺の儀式。

天下戦国の上 九州

開始時の南九州。飛び地があるし。間にいる入来院家は目障りこの上ないな。

まずは薩摩統一をせねばなるまい。まずはしかし参謀を任命し、奉行を任命し、後継者を決めねばなるまいな。
ちゅうことでまずは参謀。

軍事:島津義弘
施政:島津義久
交渉:島津歳久
謀略:島津忠良

見事なる一族経営。しゃーないじゃん、一番デキるのがヤツらなんだから。
そして後継者はもちろん義久(島津家の場合、もちろんとか言ってても怖いけど)。任命したら団結力が1下がった。何でやねん!
誰か不満を抱えてる不届きモノがいるのだな。誰だ~チクショ~。

天下戦国の上

でサクっと入来院家を滅ぼしてついでに菱刈さんもやっつけて薩摩統一したがな。さすが島津…。
菱刈さんはウチで雇ってあげたんだけど、使えないね。

薩摩統一の図。当面は九州制覇に邁進しますか。

さて、ここから島津家の飛躍を迎えるであろう続きのプレイをどうしよう。せっかくだからリプレイチックに連載していくか。ちょっと考え中。
しっかしこのゲーム、フツーに面白すぎるわ。
戦術なんかより、戦略で頭沸騰させながらジワジワ攻略したいんじゃ!という人にはピッタリなゲームだと思う。
自分だけの目標を見つけて、生き残っていく。そんな戦国のヒリヒリするような緊張を味わいたいなら是非プレイを!

天下戦国の上 公式ウェブサイト