【道化師殺人事件】片田舎で起こった殺人事件を追うのだ

道化師殺人事件 タイトル

サーカスの入り口。ここから事件は始まっちゃう。

サーカスの入り口。ここから事件は始まっちゃう。

推理アドベンチャーったらココ!と言われていたシンキングラビットより発売された傑作アドベンチャーゲーム。とにかくバツグンなグラフィックとシナリオで、俺もかなりハマっちゃった記憶がある。
当時のアドベンチャーゲームはまだコマンド入力式であり、何をするかを考える以前に言葉を探さなければならなかったのだが、正解以外の入力をすると「ソレハデキマセン」とか「ナンデスカ?」とか言われたりして、シナリオを楽しむ以前に投げちゃうこともよくあったものだ。
しかし、この『道化師殺人事件』は違うんだぜ、旦那。
何かを入力すれば何かが帰ってくるんですぜ、旦那。
例えば、これをみてください。

“ウタ ウタウ”陽気だね。

そして、俺的にはこのゲームといえば「キス スル」。
当時、中学生だった俺は、これが出来ることを発見すると、異様に興奮した。そして、会う女性会う女性にキスして回ったのである(なんて警部だ)。
大体がまんざらでもない反応を示す女性たち。しかし、いきなり怒った女性がいたのです。彼女からは二度と聞き込みが出来なくなり、ゲームをまた最初っからやり直したのだった(阿呆中学生=俺)。やり直しはメンドくさかったが、あぁ、リアルだなぁとか思ったもんである(リアルとか言って、当時キスとかしたことないし)。
グラフィックも当時としては小さいながらもキレイで良かった。基本的に自分目線の絵なので、なかなか臨場感がある。
前に進むときは内側から外側にワッと次の絵が出るし、逆に後ろへ行くときは外から中に次の絵が出る(意味わかる?)。なんでもないことだけど、これによってなんだか本当に歩いてる気分になった。
しかし、左右の動きはわざわざスクロールしなくても。当時ではスゴイ技術だったんだろうけど、これじゃあカニ歩きじゃないか。まぁ、それも愛嬌。
そんなこんなでこのゲーム、スリリングでハイソなイメージのシナリオ、美しいグラフィック、ヒントがちりばめられた会話など、すべての要素が高次元でうまく融合してすばらしい推理アドベンチャーに仕上がっております。
今の技術で造られた、こういう落ち着いた推理モノを遊んでみたいもんだなぁ。



実はリメイクされていた。

雅王 について

こんにちは

投稿日: 2012/02/15 カテゴリー: Game Impressions, PC8801 タグ: , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。