【源平合戦】ワイルドな源氏でいく?それとも優雅な平家で?

源平合戦タイトル
今年2012年の大河ドラマが『平清盛』ということで、このゲームも再び脚光を浴びるだろう(んなワケあるか)。
光栄のゲームとしては、『ランペルール』と並んで“隠れた名作”との呼び声が高いけど、要するにコンシューマー機に移植されなかったので有名ではないのだ。
頼朝や清盛だけでなく、源義仲や藤原秀衡もプレイできるのが良い。よく考えたら俺は平清盛でプレイしたことがない。やっぱり源氏で日本を蹂躙するのが楽しいのだなぁ。

平清盛の最期

このゲームにおける、俺の清盛のイメージはこれのみ

国盗りゲームなので、基本は『信長の野望』や『三國志』と同じようなカンジではあるが、戦術面が前面に出されていて、どちらかというと『項劉記』のシステムに近い。行軍している軍団も可視化されていて、軍団同士がぶつかると戦闘になる。

朝廷外交 源平合戦

高飛車な貴族どもにヘコヘコ。それがこの時代の武士なのだ。

あと、武将が保持できる兵数は官位によって決まるため、多数の兵を動員するために、常に朝廷に媚びへつらわなければならないので、『信長』ではほぼ無視している朝廷の存在が思いのほか大きい。ヤツらの機嫌を損ねて官位が無くなりゃさぁ大変、いくら義経でも戦に勝つのは難しい。
ムカツく貴族にせっせと金を持って行き兵力をキープせよ。
そして、後白河法皇もウザい。
史実よろしくちゃんと陰謀を仕掛けてきやがる。
ウチの配下を篭絡するなー!
敵勢力に武将を送るなー!
こういったことを食らわないように、常に朝廷との関係は良くしておかなければならないのであった。メンドクセ。でもだからオモロイ。
あと独特の要素として、「優雅」「無常」というパラメータがある。
優雅なヤツを殺したりすると無常が上がり、上がりすぎると出家していなくなっちゃうので注意。

源平合戦 戦闘

バストアップの人物イラストはこのゲームが初だったと思う

今回、清盛の名を良く聞くので久々に遊んでみたのだが(秀衡で)、全然オモロい。操作性は当時のものなんで悪いけど、システム自体は非常に良く出来てると思う。
勢力ごとに独自のコマンドがあるので、どの勢力でも新鮮にプレイできるのもポイント高い。でも平家では遊んだことない。つまり「歌会」したことない。
まだまだしゃぶりつくしてなかったなぁ。


広告

雅王 について

こんにちは

投稿日: 2012/01/14 カテゴリー: Game Impressions, PC9801 タグ: , , , | パーマリンク 2件のコメント.

  1. 一昔前、KOEI20周年記念作品集で売っていましたね。エミュレータで。
    この時代の光栄のゲームは、グラフィックを強化するだけで
    今でも十分通用するゲームが多いと思うんですが、あんまりしないんですよね。
    データ量が少ないためか、信長の野望全国版は、やたらとリメイクされていますが。
    (最近では3DS用に烈風伝とかもリメイクされていましたけど)

    ちなみに、私は遊んだことが無いんですよ。。。
    一度遊んでみたいなぁ

    • こんにちは。
      これを遊んでないのはチトもったいない気がしますね。
      zabaraさんなら妄想をプラスして(笑)間違いなく楽しめると思いますよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。