【TESⅡ:Daggerfall】なんか手紙が届いたので向かう

Privateer’s Holdを脱出してから何をしたもんだかわからず、ブラブラしていると何やらやってきた。

手紙を渡される
なんか俺宛の手紙を持ってきた怪しいヤツ。俺からの質問をシカトしてヘラヘラしてやがるのであった。
とりあえず手紙を見る。

メインクエスト手紙
『親愛なるGaouへ。
海でのあなたの事故を聞いて 、最悪の事態を心配しちゃいました。今、あなたは生きてて元気だと聞いたから、Iliac Bayの親愛なる皇帝閣下のミッションについて話し合いたい。
自己紹介させてください。私はLady Magnessen、Daggerfallの宮廷の皇帝閣下の エージェントです。私の立場は大使みたいな公的なものではありません。皇帝閣下の他のエージェントだけは私の本当の所属を知ってます。Iliac Bayは帝国の玉座に刃向かうものばかりなので、あなたの判断が必要になります。
会うにあたって、 DaggerfallのCoppercroft HallのThe Fox and Dogという宿屋に1ヶ月部屋をとっておくつもりです。それが終わると、会うのは難しくなるでしょう。可能な限り早くお会いしたいです。
敬具
Brisienna,Lady Magnessen』

コイツは誰だ?と思いつつも、物語が動き出しそうな予感がしたので、とりあえず会いにいくことにした。
DaggerfallのマップでCoppercroft Hallと入力し、現場へ向かう。
しかし移動はホント楽だな。道中の景色を楽しみにできないのがツライけども。
Coppercroft Hallでその辺を歩いてる人に聞き、The Fox and Dogの場所を聞き出し、向かう。

coppercroft

楽勝で見つかったので、早速中へ。部屋を見て回る。Lady Magnessenはどこだ?

ヌードな女
あの〜、あなたがLady Magnessenさん?
「誰それ知らない。それよりお兄さんアタシと遊ばな〜い?」

Lady Magnessenは普通にホールにいた。裸の女が強烈すぎてその姿を撮るのを忘れてしまった。

Lady Magnessenの依頼

「私の手紙に応えてくれてありがとう、Gaou。私はLady Magnessen」
知ってるよ聞いたよ。
「まずは今日の状況を話させてください」
どうぞ。
「King Lysandusの亡霊が夜にDaggerfallの通りを彷徨っております。彼とコミュニケーションをとろうとしましたが、失敗しました」
ぼぼぼぼ亡霊!?
「以下略」
はしょるな〜ッ!
要するに、King Lysandusが何故亡霊になったかの原因を突き止めることと、皇帝閣下の手紙がDaggerfall城に届いたかどうかを確認すること。この2点が仕事のようだ。
これで当面の目標が出来た。
さて参りましょか。

広告

雅王 について

こんにちは

投稿日: 2011/12/04 カテゴリー: Game Playing, The Elder ScrollsⅡ:Daggerfall タグ: , , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。