【三國志Ⅱ】数々の新要素を引っさげて帰ってきた名作

三國志Ⅱ タイトル

三國志Ⅱ戦略

馬がパカパカと行き交う戦略画面。画面は98版です。あしからず。

『三國志Ⅱ』が発表されたとき、きっとみんな飛び上がって喜んだと思うのだが、俺ももちろんご多分に漏れず小躍りしてしまう勢いで喜んだ。
たしか一番最初は「ポプコム」で見たような記憶がある。
前作までは居なかった君主、武将の顔グラフィックにときめきながら発売日を待っていた。
当日は部活サボって電車、バスを乗り継いで買いに行った。あぁ、懐かしい。
さて、思い出話はここまで。
この『三國志Ⅱ』、ことごとく前作を上回って帰ってきたのである。
まずは何といっても「新君主」。
新しい英雄を作り出し、 三國志の世界に送り込む。自分の分身をゲームの世界に放り込んでなりきりプレイが大好物の俺には、魅惑のシステムであった。
俺は何人も新君主を中原に出現させ、何度も中国大陸を統一したのだった。
次に、お馬パカパカ な外交。
外交の使者がマップ上をパカパカ動き回る。自国の領土で書簡を奪っちゃうことも可能。なので、雰囲気は出るのだが、特に序盤は外交が活発なんで、テンポが悪くなる。オフでプレイすることもしばしばあった。

三國志Ⅱ 戦争

外交の結果と、戦力の差とが如実に出る戦争。シリーズ屈指の出来栄えだ

そして、このゲームのキモ、戦争。
まず、一騎打ちが登場。戦争のしょっぱなに各陣営から1名ずつ出てきて、武力数値の削り合い。ただそれだけなんだが、負けるとその部隊が消えてしまうから、固唾を呑んで見守るハメになる。そしてこの一騎打ちの要素は、のちのこのシリーズの重要なファクターとなってゆく。
戦争は、攻撃側が5部隊、守備側が10部隊まで洗浄に出せる。攻撃側が不利なのだ。そしてコレを外交でひっくり返すのである。ここ!というときに援軍がやってきたときの嬉しさったらない。
とにかく、戦争は良く出来てるんじゃなかろうか。そのスリリングさではシリーズで1番、もしかしたら光栄ゲーの中でも1番かも知れん。
このころは、良かったなぁ。



雅王 について

こんにちは

投稿日: 2011/11/16 カテゴリー: Game Impressions, PC8801 タグ: , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。