【アーコン】アクションの腕前もいる将棋あるいはチェス

アーコン

アーコン

これがボード。知的な雰囲気が漂う。

ファンタジーを題材とした将棋、チェスのようなボードゲーム。光(赤)陣営と闇(青)陣営のコマは、なるほどと唸らされる。
光が騎士、ユニコーン、フェニックスなどで、闇がゴブリン、ゴースト、ドラゴンなど。
駒の種類毎に動けるマスの数やなんかの特徴があるんだけど、中には敵を飛び越えて進めるヤツとかもいるので注意が必要。
また、盤にも特徴があり、白いマスは光有利、黒いマスは闇有利となる。
またグレーのマスはターンが進む毎に白、黒に変わるから、ソレにも注意しないとダメ。
なかなか考えさせられるシステムだ。
でも、いくら考えてバッチリの戦略を立てても、ソレだけじゃ勝てるとは限らないんだな。
ココからが最大の特徴なんだけど、駒が重なると将棋やチェスのように先手必勝、特攻上等ってワケじゃない。

バトルアリーナ!いくらボード上で有利でもここで負けたらオジャン。

バトルアリーナとか言って、いきなりアクションゲームになってしまう!
ココで相手の体力を削って削って0にすれば勝ち。
プレイヤーのテクニック次第で弱いコマでも勝てるってワケだな。
だから、このゲームは面白いのだ。
将棋やチェスと違った楽しみ方が出来るのだ。
アクションシーンでの腕が同等のプレイヤーと対戦すると、ムチャクチャオモシロくなるのである。
アーコンは「対戦」が命。ひとりでCPU相手にしても、ねぇ。
リメイクして欲しいなぁ。されても対戦できなきゃだめだなぁ。

広告

雅王 について

こんにちは

投稿日: 2011/09/12 カテゴリー: Game Impressions, PC8801 タグ: , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。