【私説戦国時代】『太閤立志伝』を渋くキメたらこうなりました

私説戦国時代タイトル

私説戦国時代

細かく分かれた戦国日本を見よ!統一大変そうね~

戦国シミュレーション。でも、そんじょそこらのシミュレーションゲームじゃない。かなりシブい。
ログインの最後の方の白黒のページに広告が載っててチョット興味があったところ、ちょうど中古屋で見っけたので衝動買いしたシロモン。
パッケージっから尋常じゃない。薄~い青色のパッケージに『私説戦国時代』の文字だけ。
パッケージを開けるとフロッピーディスクと紙ッぺら1枚。マニュアルが紙1枚。
シ、シブい。
起動するとタイトル画面すらない。
シ、シ、シ、シブい。
現在、PCゲームってビジュアル重視で中身スカスカのって多い。全部そうだとは言わないけど、多い。
ちょうどこのゲームが出た当時もそうだった。その時のでこの画面だ。
でも内容はイイ。かなりオススメ。
1500人の武将から選んでプレイするんだけど、大名、家老、城主から浪人まで、どの武将でも選べる。
しかも、何人でも選べる。これ、凄いと思いません?その気になって1500人集めりゃ、全員で遊べる!コワッ。
そして、何でもできる。
大名になって天下を狙うもよし、配下武将になって統一事業を手伝うもよし、謀反を起こして独立してもよし。出奔して自分を売り込み、大名を鞍替えすることもできる。
地味な『太閤立志伝』とか思えばわかりやすいかな。
自分がある武将になってその一生をシミュレートしていく。
まさに「私説」戦国時代。
いや、面白い。
ただ、惜しいかな、このゲーム超マイナー。
戦国大好きでこのゲームやったこと無い人、機会があったらプレイしてみてください。自分の頭の中が戦国になるよ。
あ、残念なのがもう1点。インターフェイスがあまり良くない。ここはどうにかして欲しかった。遊びにくいったらありゃしない。
しかし、『太閤立志伝』がリリースされてから2年後にコイツを出した天水ソフトウェアの根性は見習いたいね。

私説戦国時代家系図

真田家の家系図。天才だらけで豪華だなぁ

雅王 について

こんにちは

投稿日: 2011/07/20 カテゴリー: Game Impressions, PC9801 タグ: , , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。