【Helherron】古き良き洋ゲーテイストなのだ。

helherronタイトル画面

helherron

街中を彷徨う図。色んな店があったり色んな人がいるのダ。

『Helherron』、フィンランドの方が制作したフリーのRPGである。
広大な世界にちらばる多数のダンジョンを、クエストを受けつつひとつずつ攻略していく。戦闘はいわゆるタクティカルコンバット。ターン制で、キャラひとりずつ行動をしていくのだ。パーティは8人制で、9種類の種族に9種類の職業の組み合わせ。
とにかく戦闘が面白く、一筋縄にはいかない。フィールドが広く、敵の数も半端ない。可視範囲外からの飛び道具がかなり厄介だ。雑魚も集団で現れるので気を抜くとやられてしまう。スキル、魔法など持てるもの全てを動員しないと勝利はおぼつかないのだが、その魔法も成功確率なんてあったりして肝心なときに詠唱失敗したりする。吹き飛ぶ敵(あるいは味方)、飛び散る血肉、肉塊と化す死体、それらが見ていてなんだか懐かしいドット絵でモニター上に繰り広げられる。
最初のダンジョンから簡単ではなく、テキトーにパーティを作成したら勝利はおぼつかないだろう。考え抜いたパーティで少しずつ進んでいく。もしかしたらやり直しをしなきゃならないかもしれない。システム、コマンドへの慣れとともに戦闘での戦術を磨き、ホントに少しずつ進んで行くのが正しい楽しみ方。この辺が、昔のゲームっぽくていいんだな。『ウルティマ』や『ウィザードリィ』に熱中していた時のようなあの感覚が、ホントに甦ってくる。

helherron戦闘

雑魚モンスターも数で押してくるから、狭い通路におびき出して各個撃破していくのが基本戦術。

逆に、最近の日本のRPGがRPGだと思ってる人には相当ツラいゲームだろう。というか、確実に投げ出すに違いない。何とか少しずつ慣れていけば絶対に楽しめると保証できるけど、英語を読まなきゃいけないってのも相まって日本ゲーマーには難しいんだろうな。
とにかく、興味を持ったかたはやってみてくださいな。と思ったら、公式サイトが見れなくなってるっぽい。
まぁ、海外のフリーゲームダウンロードサイトいけば必ずあるんで探してみて。
あと、Windows版とLinux版があって、Win版は安定性悪し。バーチャルPCでLinux環境を作り、Linux版でプレイするのがオススメ。

雅王 について

こんにちは

投稿日: 2011/07/07 カテゴリー: Freeware, Game Impressions タグ: | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。