【ルナティックドーンⅡ】自由の素晴らしさとメンドクサさを堪能せよ!

オルデブルグの町。ここで装備を整えたり仕事を得たり

アートディンクの傑作ロールプレイング。このゲームの最大の特徴は、その自由さ。死にそうなほど自由だ。
プレイヤーは勇者でも英雄でもない、ただの冒険者。しかもヒヨッ子。そしてシナリオも無い。追っかけるべきストーリーが無いのだ。一応、悪の魔王なんてのも時間が経つと出てくるが、それを倒すかどうかもプレイヤーの意志次第。プレイヤーは世界の中にポーンと放り出されて、あとは全て自分で決める。どの依頼を請けるか、誰を仲間にするのか、自分で決める。人類の英雄になるも良し、悪人道をまっしぐらに突き進むもよし。すべて、自分で決めるのだ。
だから、ロールプレイングとは感動のストーリーを楽しむもんだとか思ってるヒトは「ナニこれ???????」てな感じになってしまうに違いない。そういうヒトは手を出さないように。自分でストーリーを作るんだ、それこそロールプレイングだ!って思ってるヒトでこのゲームを体験してないヒトはすぐプレイしたほうがいいね。
数々の冒険、結婚、子供、家族での冒険、信頼できる仲間などなど、プレイヤーの分身が引退するころにはそのキャラクタだけの冒険譚が出来上がっているのだ。これをロマンといわずして何という。オトコなら冒険だ!

戦闘はこんなカンジ。コマンド入力して見てるべし。

……でも、世間的な評価はあまり芳しくないね、このゲーム。おそらく前述のストーリーを追いたいヒトってのが主流だからかな。俺なんかは、システムだけくれれば後は俺の分身がやるわい、とか思ってるから(コレってやっぱウィザードリィの影響だろう)このゲーム、ベストマッチですわ。

ルナティックドーン 2

雅王 について

こんにちは

投稿日: 2011/06/30 カテゴリー: Game Impressions, PC9801 タグ: , , , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。