ゲームの楽しみ方(PCゲームに限らず)

北方謙三の『水滸伝』は面白い。このブログの趣旨では無いので詳細は省くが、男なら必ず読まなければならないと自信を持って言えるくらい面白い。
何故かと考えるに、原作の新訳ではないからだろう。一度、『水滸伝』という物語の全てをぶっ壊して再構築しているからだ。
主要人物のひとり青面獣楊志が序盤で死んだときは驚いた。これを皮切りに、原作では無敵の強さを誇る好漢たちが次々に死んでゆく。それも意味ある感動的な死ばかりだ。
その圧倒的な物語を読み進むうち、生粋のPCゲーマーたちは必ず『水滸伝・天命の誓い』か『水滸伝・天導一〇八星』がプレイしたくなるはず。そして、自分もモニター上で原作とは違う物語を紡ぎたくなるはずなのだ!
ゲーマーは、シミュレーションゲームを使って物語を語ることができるのだ。何にも束縛されない、自分だけの物語を。作家の先生方が文字を使って語るように。
それは十分にゲームをプレイし、楽しむ動機になりうる。
ゲームを楽しむのにシナリオはいらない、いいシステムだけでいいのだ。シナリオはプレイヤーにこそ作る権利がある。
昨今の日本のゲーム、特にコンシューマー機のRPGはここを間違えているのだと思う(断定すんな)。そして続編ばかりになり、RPGの意味を忘れていったのだ。その忘却はPCゲーム界にも蔓延し、今や遊ばれるRPGは海外製のものばかりとなり、そして衰退していった。
ゲームを自分だけの物語で楽しもう、そしてその物語をインターネットでリプレイ記事というかたちで公開しよう。その楽しみ方が浸透していけば、海外製のものに負けない国産ゲームが生まれてくるはずだと思う。

雅王 について

こんにちは

投稿日: 2011/06/26 カテゴリー: Diary&Column タグ: , , , | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。